アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第12話「夜の終わり、旅の終わり」

「闇の書」の防御プログラムと守護騎士プログラムを切り離したはやてとリインフォースは、守護騎士たちと共に、その姿を現わす。
はやての魔導師コスチュームもいいね。ヴィータのゴスロリ風と1、2を争そう。

実は秘密なんだが、一番好きなシーンはオープニングの最後になのはとフェイトが変身しながら地に足をつけるところなんだけど。

暴走開始した防御プログラムは何だか伝説のサイレーンを想像させる。
各自、攻撃を始める前に「見栄」をきるのは、戦闘ものの定番。
転送させてアルカンシェルで破壊、と無事片付けたのだが、次回へ。

第13話(最終話)「スタンバイ・レディ」

再び自己修復を始めて闇の書が蘇える事を止めるためには、自らを破壊するしかないと言うリインフォース。

そして、残った者達はそれぞれの道を歩き始める。
しかし艦長に昇進したクロノの声が、今回は杉田智和とは違和感ありまくり(時節柄、稟こんなところで何してるんだ!と密かに突っ込んでおく)
全般的にはまあ、きれいな終わらせ方でした。

エンディングは6年後の姿。
田村ゆかりの曲が最終話にして初めてマッチした感じ。

なのは達は中学3年生か、次作あるんだろうか?
更に3年経過した設定で、X-RATED としてivoryからゲームになりそうな予感・・・

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。