アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サクラは季節はずれだが、TVアニメ「ラムネ」の佐倉のこと。
このアニメも季節はずれではあるが。

TVアニメ「ラムネ」前夜祭で見た第1話の印象が良くなかった。
なんと言うかトライネットのノリに違和感があった。
原作のPCゲームと比較してキャラデザも微妙に崩れていて、七海の母は別人になってるし。

文句は言いつつも毎週見ているうちに、中毒というのか慣れというのか心地よくなってきた。
序盤は日本初?の農業アニメ登場を予感させる進捗だったが、ひかりや鈴夏のエピソード回を重ねて、今回は後輩の佐倉のお話。
前回キャラデザが崩壊していたが、今回は少しまとも。

アニメはゲームで言うところの七海ルートらしいので、健ちゃんと七海の関係は崩れなそう。
七海もちょっとはヤキモチ焼いているのだが、ぽんこつゆえ破壊力ゼロ。
ゲームキャラの七海は案外「キッ」とした表情を見せるのだが、アニメ七海はユルイまま。
次回は佐倉の引っ越し場面のようだが、原作に沿うと佐倉の決意の告白も玉砕のはず。

今回のポイントは七海のスク水。
重要な伏線
フォークダンスで一緒に踊れなかった健ちゃんと七海。「また、いつでも踊れる」と語るのだが、毎日の何気ない日常が日常でなくなる事が来ることを、多分次回放映分で佐倉が告げるか?
原作通りだと、ラストあたりで貸しの数が一方的に増えてゆく、七海のつらい悲しい表情を見なければならないのだが、このアニメに鬱は似合わないかも。

ラディクスも地元だし、DVDも予約したし、地味に応援してます。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。