アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桃花が春彦の許婚として守東家にやってくる重要な回、ではなく思いっきり肩透かしのギャグで落としてくれた。
父親の清春からは「根性なし」と言われてたヘタレ春彦。実は根性なし=エチオピアのコンジョナシさん。いつもコーヒーを送ってくれる良いペンパルらしい。しかしペンパルって久しぶりに聞いた単語。今はペンフレンド?それすら古いか?メル友。
許婚として迎えた娘は、そのコンジョナシさんの娘モ・モカさんで、モ・モカ・コンジョナシ・アベベがフルネームらしい。
でも、この娘は以降の話数に出てこないから、このオチだけのために登場した使い捨てキャラか。

じゃあ桃花はどうだったかと言えば、守東家に来たばかりのようだが「私、どこからここに来たんだろうと」本人には記憶が無いし、鬼梗様の言うことには「この者には歴史が無い」
初登校なのか、真琴のツアーガイドで桃花を校内案内。律儀に桃香もついて行く。
その上津未原の伝説として、過去の時間が入り混じるこの地で、あちら側に行って帰らぬ者多数。
天気雨に狐の嫁入りをかけて、その時空の歪みに引き入れられる桃花を描いている。
転入早々、これも桃花の正体と出自が成せる事件なのだろう。

鬼梗様はそれを知っているようで、狐に憑かれた桃花を助けに鬼の面で単独討ち入り。
桃太郎侍のごとく、華麗な舞い。
この段階では桃香の石剣も真琴の竜王も目覚めてはいない時期だから、二人は待つだけ。
鬼梗様に抱きかかえられ助けられた桃花を生徒たちが羨ましげに見つめるが、これがイジメの発端だったのか?
ただし白川明日菜姫だけは桃香を麗しげに見つめてる。つくづくあさっての方向に進む娘だと思う。

春彦もヘタレている割には許婚への妄想たくましく、桃花が嫁だと思っているから脳内で裸ワイシャツにして視姦している。
公式に言われている、桃花は春彦の許婚ってのは釣りだったらしい。
となると、桃花が守東家にやってきたいわれが語られるのを待つしかあるまい。

絵コンテは柳沢テツヤが切っていた。第2話、10話、16話に続き4回目のオフィスていくおふ制作。
どうも作監修正が効いていない。キャラのアップは何とかだが、引きの絵は崩れてる。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。