アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここにきて新キャラ登場かと思ったが、前話でマジックポーションによる燦の理想の男像と重ねて、燦自身のなりきりコスプレって事のようだ。ルナの芝居の練習相手にしては壮大な仕掛け。
瀬戸島燦八と名乗っているので、本宮作品のキャラではなくて宮下あきらの「魁!!男塾」オマージュかな。ネタ元より抗議もなく、無事にAT-Xで放送される事を願っておきましょう。
普段は野川さくらのルナの演技が大変そうに思えるのだが、今回は「漢」キャラ演じる桃井はるこも頑張っていた。

燦のアイドル仕事のネタに絡めて、あの燦派 vs ルナ派の抗争再燃。エピソードのリユースが巧みで、日常の学園生活の小ネタから一気に膨らます脚本・コンテ・演出はこのシリーズのお手のもの。それを勢いに乗って描いて行くから「ああ、またか」と思わせる間もなく、嫌な感じはない。

頑張ったと言えば、Bパートは腹話術人形の巻。黒いところから可愛らしいところまで、腹話術の主役であるルナを食った感じ。巻に引きずられたルナは、サブタイ通りに傷ついたアイドル(物理的に)アイドルでありながら、私生活では股を広げて台本読みの態度や黒さの具合がちょうど良い堕ち加減で描かれている。
巻の活躍?の結果3日間意識不明だったルナは、腹話術人形にトラウマが出来たか絶叫、その人形の中の巻はネコに襲われて絶叫の二段オチ。

当初キャラ数の多さが心配されたが、上手く回しているほうだろう。
脚本の流れで登場しないキャラもあるものの使い捨てる事はせず、エピソードにマッチすればサブキャラも積極的に仕掛けてくるから、シナリオの主役も油断が出来ない絶妙な緊張感がある。
腹話術人形でテレビに出ようとする巻に、人魚試験官の明乃を絡めてきて、その流れから燦との剣術対決(燦はモップ持ってるが)エピソードまで構築してくる。
視聴側もスピード感のあるギャグに笑っているだけでも良いのだが、畳み掛けるようなシナリオ構成に良質なエンタテインメント作品を見る思いがする。

制作状況は想像の範囲だが、本撮でアフレコって事はないに違いない。線撮なのだろうが、コンテ撮ほど酷くはないはず。
ラジオで言っていたが、ト書きを意識した役者の演技に合わせて絵を仕上げる事も多いようだから、アフレコとプレスコのミックス状態と言うか同時進行に近いものがある。
制作現場は大変に違いないが、映像と声のフィードバックの相乗効果でライブ感のある作品になっているのは、そう言う理由もあるのだろう。
役者の活躍が目立つ作品ではあるが、厳しい状況でも崩れた事のないAICの制作を褒めたい。
この勢いで2クールを引っ張った、岸監督はじめ他のスタッフの方々にもラストまで期待をしたい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。