アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
決戦前のタメの回を作ってきたのは予想外だったが、ロシウの救済と伏線整理・設定解説には重要な回。
サブキャラ・久しぶりのキャラも動いていて、最終決戦前の意気込みと反面の静かさバランスが良い味を出している。シモンとニアの写真立てがある部屋で大グレン団の旗にアイロンをかけるココ爺なんて、ツボをついた演出。今回は佐伯昭志コンテ回で、複数走る話をそれぞれのドラマが共鳴するようなシーンのスイッチングや引きが見事(ファンなので贔屓目100倍かも)

ヴィラルも合流したところで、アンチスパイラルの本拠探索会議。
次元の隙間に隠された存在らしいが、認知論や量子論の範疇と思えば良いのだろう。
簡単に言えば「気合と恋が宇宙を変える」らしい。
カテドラルテラの螺旋力にはサーチ機能があるようで、その前振りとして高速移動のグレンラガンを捉え機能を作動させたようだ。
本物の月は次元の隙間に隠されていたようで、無事に軌道に復帰したからカテドラルテラが軌道を外れても地球への影響は無いと言うことらしい。

ロシウはキノンにメッセージを残し、一人アダイの村へ。過ちを自ら清算する覚悟。
あの司祭も居合わせるが、ロシウが預かっていた聖典はデタラメだったオチ。
「だから人間は面白い」と笑う司祭に対し、笑えないロシウは青年期の希望と挫折を表現するキャラとして適役。ロシウの覚悟を見て取りながらも、一人洞窟の奥に進むことを止められない司祭も、無力な大人を代弁したキャラ。

ロシウを探しながら高速転移したグレンラガンから、真っ先にロシウ駆け寄るのはキノンかと思ったが、シモンのパンチ。
拳銃を手にしたロシウに絶叫と哀願の表情のキノンが先だったらば、良くある萌えアニメパターン。
しかしこのシーンは少し時代を遡って、カミナの兄貴がいた時代のテイストで80年代風熱血コンテで、シモンのパンチで決めた。この選択は作品のスタンスとしては重要だと思う。
グレンの狭いコックピットに久しぶりに搭乗するロシウとキノンの姿に、良き時代の大グレン団がよみがえる一瞬。これでロシウは一時の過ちから救済され、キノンという新たな希望の存在を認知した(手に入れた)

次回はカテドラルテラから「超銀河大グレン」とインフレーション気味の名前もそろそろ最終か、その巨大ガンメンでアンチスパイラルの本拠へワープ。
ココ爺が届けた軍旗の下に再集結した大グレン団。何といっても最強の兵器はヨーコの新ブラ。中身も増量中?
大グレン団メンバーには効果覿面だが、アンチスパイラルには効かないだろうが。
ラストをおっぱいネタで落とすような落とさないような、絶妙な加減で次回決戦へ。

天元突破グレンラガン 3天元突破グレンラガン BEST SOUND(DVD付)
天元突破グレンラガン 3 【第6話(解放版)「見てえものは見てえんだ!!」収録】 9/26発売予定(Amazon)
天元突破グレンラガン BEST SOUND(DVD付) 10/3発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。