アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前話のサブタイ「決戦」に続いて「決戦(後編)」とでも付けた方がスッキリする。
死亡フラグ立っていたヴィータとティアナはスルーして出番なし。何だよ、この構成。
個別のバトルが続くが、大きく進展したわけでもない。これが何話続くのだろうか。

キャロがルーティシアへの呼びかけ「話を聞かせて…」は、その昔なのはがフェイトによく言ってたような。キャロに急になのはの言葉を引き継がせても、ピンと来ないなあ。
まして相手はクアットロがボタンをポチッとすると、急に悪に覚醒するルーティシアだし。
演出も尺取る割には感動薄い。

フェイトはスカリエッティに捕縛。
はやては空中で率先垂範だけれども、戦闘の見せ場はない。リインIIもケンリッターも近くにいないし、出番無さそう。
そのボルケンリッターのシグナムはリインIIとユニゾンしたけど、ゼストを取り逃がすし、死亡フラグ立っているゼストはアギトに、理想のユニゾン相手はシグナムみたいな事を言い出して、予定調和のエンドへの前振りに少し醒める。
なのは一人だけ、順調に目標に向かっているように見えるけれど、次回に罠が待っているのだろう。ヴィヴィオとの回想シーンも入れてたし、単純には進まないだろう。

ヴァイスの妹登場。ヴァイスの過去のトラウマは、誤射で妹ラグナの目に怪我を負わせたこと。
今さら明らかにしてどうするのか?
尺もキャラも増えたものの、燃えは浅く、萌えは遠くの第3期。
ヴァイスが目を覚ますまで見届けていたザフィーラ、そしてトラウマから立ち直ったヴァイスが大活躍の超展開でもやってくれないと。今回ヴィータとティアナの出番を引っ込めたのは、その伏線だと願っておく。

魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.2魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.3
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.2 (Amazon)
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.3 (Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。