アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
対ワーム戦のシミュレーションから、可憐が気後れしているフラグは立っていたけれど、実戦で案の定墜落、病院送り。
可憐を中心にワームとの戦いの葛藤を描くのかと思ったけれど、他の二人は訓練と変わらないように見えるし、可憐の立ち直りもあまりに早くて心理描写もさらりとしている。
あまりシリアスでもないし、事件の掘り下げなど気配もない。
ワームも可憐の復活を待っていたかのように、第2弾の侵入まで時間をくれている。設定としては京葉工業地帯の稼動を止めたから、ワームが反応しなかっただけらしいけれど…

可憐の立ち直りパターン。
たくみとすれ違う--->差し入れのスープが美味しい--->たくみ、美味しいの言葉が聞きたくて調理師目指す--->可憐、丹沢で救出した娘を思い出す--->私にも出来る--->復活

ソニックダイバー隊の提唱者の女性とか、女医で攻龍への乗艦志願の安岐夕子など、新キャラも登場。
ワームの生態も少々明かされて、自己修復機能を持つナノマシンって事なのでしょうか?故にデルタロックでナノ構造を破壊する攻撃が有効なのかと理解したが。
ナノスキンジェルの有効時間と同様に過剰な設定の気がする。説明せずに裏設定で置いておけば良いのに、作中で語られるとうるさく感じる。
ワーム復活の原因や、単体でしか侵攻してこないが複数になったらどう対応するとか、ビックバイパーへの過大な期待、エリーゼっていつ合流するのなど、この先のお楽しみ。

赤星政尚のシナリオは薄味。放送開始前には岩崎・吉岡コンビには期待していたのだが、シリーズの目指す方向もいまひとつ掴みきれない。
メカと美少女の融合は、ビジュアルの取り合わせは良いのに、物語の中でメインに動かすとキレが良くない。
元々異質な取り合わせに妙味があるのだが、アニメになると「メカか美少女か」「ミリタリーかキャラ萌えか」の二項対立が透けて見えてしまうのだが、私の視点がズレてるだけかなあ。
どっちでも良いのだが、話が踊ってないのが平板な印象を強くさせる。
次回、また中休み回ですか?夏のネタで怪談に、またおっぱい?

スカイガールズ Vol.1スカイガールズ Vol.1 (Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。