アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かなり評価を落とした感のある刹那の自己中心的な「もうじき学校からいなくなるから想い出のキス」に、刹那が軽く思う以上に心の奥深くを傷つけられた言葉様。
そして言葉は知らないまま、言葉イジメの先鋒、乙女からの肉弾特攻で休憩室で体を重ねる誠。
誠に嫌悪すると共に、悪いほうへ悪いほうへとシナリオ分岐して予想以上の泥沼突入で面白くなってきたかも。

中庭で泰介と乙女の独り者同士にフラグが立つかと思ったが、これもバッド方向の選択肢に分岐して、乙女は誠に強引に再チャレンジして、休憩室での伝統シチュエーションに持ち込んだ。
泰介は結果として乙女に励まされた形になるが、一人片付けをする教室に誠を探す言葉様は飛んで火にいる夏の虫状態。誠と世界がフォークダンス踊るシーンに重ねて、泰介に迫られた言葉様の胸リボンが落ちて赤い波紋が広がる演出と空虚な言葉様の瞳は、純潔を散らした比喩表現なんでしょう。

乙女一派の夏美たちからの「言葉様への言葉責め」で更に追い詰められる経過が、今話の裏に一本ずっと流れている。しかし言葉様にとって悪い方へと流れる展開に、今のところ徹底的に救いは無い。
誠の未読メール「FROM:桂 言葉」20通とか不気味な演出。少しづつ追い込まれ壊れ始める言葉様へトドメを刺したのは誠の裏切りを告げた泰介か、それとも心は半ば壊れていて自棄な言葉様を泰介が食ったのか微妙なところではある。

誠は「まいったなあ」とにやけながらも下半身軽くなってスッキリして、乙女に送り出された感じ。後夜祭のフォークダンスは今まで煮え切らなかった割には、何も知らぬ世界と踊る。
乙女は名を捨てて実を取ったつもりでしょうかね。まさか体の結びつきで誠の心を捕らえられるとでも?
世界は喫茶の厨房で誠とケーキ作りで新婚ムードだったけど、ラストのフォークダンスの相手になったとしても誠の事だから油断は出来ない。
今話では脇に回った刹那だけれど、演劇を見て背中を押されたっぽい描写も見られるので、学園祭後にキス以上の攻撃を仕掛ける気なのかも。

そういえば休憩室には隠しカメラを設置していたけれど、何組かのカップル以外に七海が先輩と利用したカットがあったし、乙女は自身が仕掛けたカメラを忘れたって事も無さそうだから、夏美たちに停止させていたのかな。
止めたつもりが録画されていて、片付け忘れたカメラを実行委員の言葉様が見つけてしまう展開で、さらに言葉様を暗黒面に突き落とすか?

さてと、キャンプファイアーではぜる木のように、段々と香ばしくなってきました。
これが木の焦げる匂いだけで、髪や人肉は焦げないでしょうね。ソフトランディングに終わって欲しいところだが、あの誠では無理だろう、いや世間が許さない。
誠は無自覚無目的エロゲ的主人公に相応しいキャラ設定だが、このアニメの誠はそのエッセンスを抽出して精製したように際立っている。

この作品の唯一の良心、心ちゃんがお友達の卯月ちゃんと学園祭に遊びにきてた。
意図せぬものの言葉様のメッセンジャー役なのだが、誠は鈍感というか話題を避けている。世界は敏感で、「恋人は私よ」とでも言うように誠の手を握る。
卯月ちゃんって大人びた感じだがアニメオリジナルか?名前が気になるんだよね、この作品の場合は。卯月=うづき≒うずき じゃないだろうね。
次回サブタイと重ねて、心ちゃんの体が心配になってくる訳です。
誠を家に招待するって言ってた、精神を病みつつある言葉様と下半身が病んでいる誠に酷い事にならなければ良いのだが…
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。