アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山本麻里安脚本回だったが、3回目かな?
基本的な着想が女子(若しくは腐女子)なのが良くわかる、投げっぱなしでオチの無い「やおい」シナリオ。
映像を見ながらのオーディオコメンタリーのようなアバンとエンドに、胡蝶三姉妹の遊ぶ劇中劇のお話なのか本編なのか曖昧な構成で、話の陰湿さも相まってすっきりとしない。
心理的な描写にこだわった前話の能登麻美子と比べると面白い。
デジタルネットワークアニメーションのグロス回。

時期的には桃花が転入してきて間もなくらしい。
守東家にやってきてから、すぐなのだろう。頼るのは桃香しかいない。
桃花を虐めるのに意味があるのか、まさか全部の転入生に対するものなのかも判然とせず。
鬼梗は桃花に声をかけるが、かえって生徒たちの反感を買う事になる。
「ありがとう、鬼梗ちゃん」と桃花が応えるから、顔見知り?

もう一つの筋は二宮会・胡蝶三姉妹の謀。
二宮会のヒロイン白川明日菜と桃香をくっつけようと、既成事実の実行計画に桃香を拉致。
コスプレすごろくで勝者の桃香に対する景品は、裸リボンの白川明日菜姫。
由美子似の「不思議ちゃん」も居合わせる不思議。
「接吻!」コールに対し、桃花の絶叫に桃香が反応して振り切ったけど、これ以降も明日菜の執拗なアプローチが折りに触れて登場することになる。

桃花虐めの数々。
上履き隠す/無視/すれ違いざまぶつかる/上履きにピン/(回想)遺影風写真/(回想)悪口の手紙/弁当に使用済コンドームと精液/桃花のアイコラ写真掲示/私は味方ですと手紙までつけて虫入りのプレゼント/淫乱、売女呼ばわり/体育授業でボールぶつけ/制服に血/ロッカーに鳥の死骸

アバンで桃香が桃花の髪が切れているのに気付いたが、これも誰かの仕業か?
限界を超えた桃花の中のフウが覚醒したか、桃香に助けを求める。
このエネルギーに、それまで虐めてた生徒たちは記憶消去されたのか、その後は桃花を虐める描写は全く無い。
それとも、やはりこれは胡蝶三姉妹の作ったお芝居の中の出来事で、フウの覚醒エネルギーに恐れをなした胡蝶三姉妹が、これ以降は危険なお遊戯を止めただけかもしれない。
虐めの回想シーンがあったから、これ以前はもっと酷かったんだろう。
でもフウのエネルギーに、由美子は無反応(出番も無い)のはなぜか。それとも今回は、フウは関係ないのか。

ラストの桃香との触れ合いで、涙の止まらない桃花に「生まれたての心」が芽生えたとあるから、これ以前の桃花はもっと違った、無機質な感情を持っていたのかもしれない。
そしてこの「生まれたての心」を持って、前話の桃園のモノクロームの世界で桃香と心を深め合って行く事だろうと想像させる。
次回「嫁」は、桃花がやってきた頃のお話か?

桃華月憚 月華之抄桃華月憚 風華之抄
桃華月憚 月華之抄
桃華月憚 風華之抄
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。