アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シリーズ構成は第7話から第9話まで、3話使ってアニエスの過去話のクライマックスを描くみたい。
アンリエッタの短編で話数を消化し、ほぼ毎回のエレオノールが尺を潰す。
ルイズ様と才人はサブキャラに甘んじ、アルビオンと開戦したのに前線の戦闘シーンもないから、デルフリンガーの気の利いた戯れ言もなし。
遂に今回はルイズ様のお仕置きすら割愛されてしまった。
終盤の3話で虚無の使い手のヒロインと、7万対1のヒーローを引き立てるつもりだろうが、前振りにしては長すぎ。

学院を襲ったアルビオンの傭兵メンヌヴィルとアニエスの因縁。
まさか原作から改変して、ダングルテール事件の実行部隊長がメンヌヴィルだと言い出すかと思ったが、さすがにそれはなかった。
いやもう伏線もへったくれも無く、部隊長が誰かは気付いているのだから、次回まで引っ張らずにささっと進めて欲しいところ。明かされた後のフォローに尺を割いてくれればよい。
第1期がウケたポイント分析を間違えて、クソ真面目に第2期を構成している。

食堂に集められた人質のシーン。
饒舌な襲撃部隊長メンヌヴィルってのも緊迫感の無い演出。
オスマンやエレオノール、カトレアが代表で人質になる事を申し出ても、却下してそれ以降スルー。モンモランシーを泣かせたけれど、断片的に過ぎる。
メンヌヴィルなんぞを見たいはずもないので、人質たちの葛藤を描かないと。

銃士隊も敵戦力を把握しないで対応するのは単調に過ぎる。
タバサとキュルケをルイズ様と才人に合流させたが、次回に活躍させるのであろうか?
次回はどう考えてもコルベール先生の独り舞台のはずだが…
3話使って描くほどでもなく、2話でまとまる内容。今回の絵コンテの退屈さと演出のしょぼさに失望。
サンシャインのグロスだが、絵自体はまあまあでしょう。

ゼロの使い魔 双月の騎士 Vol.1ゼロの使い魔 双月の騎士 Vol.2「ゼロの使い魔~双月の騎士~」感じるCD ~ルイズ・キュルケ・タバサ~
ゼロの使い魔 双月の騎士 Vol.1
ゼロの使い魔 双月の騎士 Vol.2
「ゼロの使い魔~双月の騎士~」感じるCD ~ルイズ・キュルケ・タバサ~
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。