アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
表面的には「下駄箱のラブレター」と「惚れ薬(マジックポーション)」しかないのだけれど、前話からの流れを引き継いで、親バカ二人の娘への偏愛が絡んだ騒動で話をかき回してくれる。
燦、ルナ、そして永澄へのそれぞれの偏った家族愛も描き出されて、単なるバカ騒ぎで終わらない。出来るのなら、この流れを次回に受け継いで、少しほんわかとした話に期待したが、ルナがメインでしょうか。

委員長の再フィーチャーかと思ったが、そんなに綺麗な役では終わらせない。
力丸乃りこの演技は充分楽しめたから良し。
ラブレターで永澄を校内の焼却炉まで呼び出したところで、何だか嫌な予感がしていたんだ。永澄死亡フラグ。この最初のラブレターは、豪三郎とルナパパが謀ったものでしょうね。
ゴキゲンな永澄がラブレター隠して、ルナに蹴り入れられたりしたところから、焼却炉横でのバトルでAパート構成してしまったのは凄い。

勢いのAパートと比較して、柿原脚本らしさが出ていたのはBパートの方。
トラウマのある人魚の薬マジックポーションを、落ち込んでいる永澄に蓮さんが飲ませるのは不自然だが、進行上良くあること。
薬を飲んだ永澄を見た女は惚れ、男は嫌悪する両刃の剣。
永澄を見て巻がエロオヤジ反応を示したり、巡がショタ美男子を永澄に見たりとモテモテ。
男どもに火炙りされる危機を、悩まし番長明乃が救出。
家に帰っても母から抱きしめられ、風呂では巻・燦・ルナ・巡・明乃の水着ハーレム。
他の4人はありふれているが、巻の水着は意外性があって良かった。

薬の切れた翌日は、また永澄の下駄箱にラブレター。これは委員長からですね。
皆が見張る中、登場した眼鏡なし委員長は間違って燦に告白。永澄たちに見られて絶叫。
なぜかバイクで走り去り、戻ったかと思えばラストアマゾネス化。
変身シーンがあるから「魔法少女xxいいんちょ」を期待したが、百合=アマゾネスってことなのだろう。

バトルやバイクのシーンなど激しく動くものの、動画枚数を奮発しているのではなくてエフェクトで乗り切っている。
グリグリ動いたり回り込み多用したりの豪三郎vsルナパパのバトルってのも面白いかもしれないが、この作品には、この手法で良いと思う。
Cパートは巡ファンへのサービス。永澄母取り調べ室のシーンから、妄想激しくミニスカポリスへ変身。ごちそうさまでした。
ラブレターと惚れ薬で1話作って、退屈にもならず嫌味も感じないのは立派。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。