アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
落下する月と敵ムガンに対抗して、シモンとヴィラルのグレンラガンコンビ。
向かう道を同じにする二人の戦いの熱さも、シモンとカミナのコンビに負けてはいない。
戦闘中心の比較的一本道シナリオだが、演出は控え目な気がしないでもない。
アークグレンラガンの合体シーンは、トップをねらえ!的にもっと見得を切ると思っていたが、GONZOグロス回って事もあるのだろう。

Aパートは月クレーターの無数のビーム砲台を潰したり、巨大ムガンを螺旋力で時空のかなたにぶっ飛ばしたりと、アークグレンラガンの力技。
Bパートは地球に近づく月、これは力技では止められない。

ロージェノムの生体コンピュータは、月はカテドラルテラであると、コアドリルを挿せば止まると告げる。
月は巨大なメカ、しかもハロウィンのカボチャのような。
人類・螺旋族を監視する、アンチスパイラル前衛の衛星だと言うことか。
それを阻止するアンチスパイラルのニアと、本当のニアが助けを求めているはずだと指摘するシモン。
ニアの指輪がそれを表して、最終的にニアはコアドリル挿入の妨害をしないと、予定調和のシナリオだけれども、最後のアンチスパイラルとの決戦に伏線を張ったということだろう。
ニアは幼い時はロージェノムに疎んじられ、グレン団調理主任としての一瞬の輝きをはさんで今はアンチスパイラルに閉じ込められたお姫様。
それを救えるのはシモンだと、最後の決戦にもう一つの軸が出来て面白い。

大気圏突入の1分前にアークグレンは離脱する決定を下すロシウだが、この苦悩の青年はこの期に及んでも彼らしい決断。
いつも最後の土壇場でシモンが事態を解決する事に、己の無力さを改めて悔いている様でもあるが、為政者としての悩みを良く表している。
彼は次回のアダイ村の司祭がらみで、救済されるのだろうか。

ヨーコは復活したけど、今回の活躍は大人しい。
最近のGONZOはグロス請けは良い仕事している。キャラ作監は貞方希久子で、第5話「俺にはさっぱり判らねぇ!」以来。

天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版)天元突破グレンラガン2天元突破グレンラガン 3
天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版) (Amazon)
天元突破グレンラガン2 (Amazon)
天元突破グレンラガン 3 【第6話(解放版)「見てえものは見てえんだ!!」収録】 9/26発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。