アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼちぼち終盤で盛り上がってきたが、少し遅いか?
それでも和麻が神凪家を追われた後、香港で暮らした翠鈴(ツォイリン)との過去話をようやく持ってきて、最終決戦の前に伏線(それほどのものは無かったけど)の整理をしてきた。

パンデモニウムの主ベルンハルト、そして今ではラピスと名を変えた翠鈴の残留思念体の主でもある。そのベルンハルト率いるアルマゲストなる秘密結社が、和麻と翠鈴の過去を壊した相手でもあるようだ。
神凪宗家に帰還した霧香が事件の説明とともに明かす形で、初めて綾乃たちも知ることになる。またBパート冒頭からの和麻の回想シーンにオーバーラップして行く。
このあたりの構成手法は、手堅い。
しかし和麻を起こす翠鈴のシーンは、どう見てもギャルゲフォーマット。悪くは無いけれど、もう少し演出に工夫を。

綾乃とラピスの戦いは決着しないまま、一旦は都庁から撤退したベルンハルトだが、別の場所でパンデモニウムを再開し、オタクたちプレーヤーを再び集め始める。
和麻は単独行動でアルマゲストに対し、目の前に蘇った因縁に始末をつけるために私闘をするのか?
暴走の予感の和麻を救えるか、ヒロインたる資格を問われる綾乃の真価が試される。
ここまで来て、綾乃の勘違い空回り演出は無い事を祈る。

ラピスの無感情の演技は悪くないが、翠鈴の回想の明るい演技は合ってない。キャストは牧野由依。

TVアニメ「風のスティグマ」ソングコレクションCD
TVアニメ「風のスティグマ」ソングコレクションCD
風のスティグマ S・エディション 第1章(限定版)
風のスティグマ S・エディション 第1章(限定版)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。