アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アバンの「大切なものが増えた」モノローグでヴィータに死亡フラグ。聖王のゆりかご内部に突入した後、なのはと分かれ単独行動。
かつてヴィータがなのはを守れなかった相手、同じタイプのガジェット・ドローンにやられる運命の皮肉。もう一方のなのはがヴィヴィオを救出できるのか、それは次回以降。

決戦と言うには盛り上がりに欠けて、総集編を見ているかのよう。
今回のミッションでフォワードがルーティシアを見つけて、独断で対象を変更した事、戦力の分散をした上、待ち伏せに会いティアナが窮地に陥ること。
兵法では戦力の分散は最大のミスだが、この作品自体もキャラの多さで、個々のキャラの魅力を引き出せないまま進んでいる。
この話数も「決戦」のサブタイにふさわしくなく、個々の戦闘を描写することにかまけて薄いシナリオ。
何話にもまたがる戦いであれば、薄く雑多に並行描写するのではなく、局面別に戦闘シーンを構成してくれたほうが感情移入もしやすいのだが。
それが出来なければ、時系列で切り取るとか、第3者視点で戦闘状況を追い整理するなどの演出面でのカバーが欲しいところ。

アースラも動き出したが、まだ活躍に至らない。
それにしても無限書庫のユーノとチビアルフに説明テロップがつくとは、世も末かも。
確かに第3期から見はじめると説明も必要だが、それなら第7話「ホテル・アグスタ」でちゃんとキャラ立てしてあげればよかった。これだけキャラがいるのだから、プライオリティがもう少し高くても良いのではないか。
魔法少女が生まれるきっかけの一人なのに、その他大勢のキャラの一員に成り下がったと思うと少々切ない。

作画は低レベル。同じ話数でキャラの統一感なし。作監の修正が間に合わないのか、これが限界か。来週はもっとまずい感じ。ルーティシアは別人?それとも黒化?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。