アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2クール作品だとすると、既に3割消化した事になるが、相変わらずゆっくりのシリーズ構成。
中盤以降に向けて綿密な伏線が張られているわけでもなく、単調さを覚える。
これからの盛り上げに期待するが、戦闘シーンが多くなってミリタリー臭くなるのも勘弁。
J.C.STAFFの絵は問題ないけれど、惜しい事にそう言う作品に限って構成・シナリオがイマイチな気がする。ゼロ2もそんな感じ、ぽてまよが今期一番バランスが良い気もして来た。

対ワーム戦を前に、ソニックダイバー隊は正式に編入。冬后も中佐から大佐へ昇進。「だいさ」ではなく「たいさ」と呼んでいたから、海軍ではないらしい。
束の間の休息の温泉旅行。ダイバー隊はその先で初めてワームの復活を聞かされ、自分たちが戦う事になるのだと自覚する、3者3様の受け止め方。



序盤は温泉旅行プロローグで内容は薄く、中盤は新任務の事実に若干シリアス、ラストに動揺する音羽が思い直して新たな決意をする過程が急ぎすぎ。オチは音羽の露天風呂裸体全開羞恥プレイ。この話数、シナリオ配分が悪い気がする。序盤に尺を取りすぎ。

脚本は玉井☆豪。もう少しはっちゃけたシナリオが得意だと思うが、温泉裸体ネタはオチに持って来ずに、中盤までに膨らませるだけ膨らませてから、シリアス・新たな誓いのラストで次回につなぐのがスッキリしたと思う。おっぱい要員の七恵を連れて来なかったのが敗因か。
玉井脚本に絵コンテが柳沢テツヤって珍しい気がするが、今回はTNKのグロス制作では無かったような。演出のペンネーム阿那金陀(アナコンダ)とは誰だろう?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。