アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原作とアニメオリジナルとのミックスシナリオがグダグダで生焼け状態。1クールの折り返しと言うのに、これでは第2期はダメかもしれない。
アニエスをメインにもってくるにしては、彼女の復讐の矛先、追い求めていた実行犯の名前が切り取られていた、ご都合寸止めエンド。サブタイを見る限り第9話で決着をつけそうでもあるが、これが伏線と言うのならば、今回のメインはどこに?
ギャグとシリアスのバランスが悪く、話があさっての方向を向いてしまっている。

ルイズ様と才人は完全に定番ギャグのサブキャラに回っているし、まるで今回セーラー服見つけて狂喜した才人のような全国の視聴者が第1期から待ち焦がれていた、シエスタのセーラー服もエピソードも、こんな所に挿入してきた。ダンジョン探検のパーティーに連れて来ても、賑やかしキャラにすらなっていない。残念。

アンリエッタはアルビオンとの開戦を促され、ゲルマニアと連合で進軍を決意。流される姫様。前線に出張るって言ってたから、またあの悩殺巨乳甲冑で登場してくれるのでしょうか?
コスプレにしか見えないけど。

ルイズ様、やたらと魔法で才人にぶちかますけれど、下手は数撃っても当たらない。
シエスタといちゃつく才人に怒りを押さえ「今は我慢してあげるけど、夜を楽しみにしていなさい!」とルイズ様に言わせているのに、ラストの引きで二人の夜の楽しみを持ってこないのは演出のポカか監督の怠慢。やらないなら言わせるなと。
エレオノールにつねられたり、シエスタに嫉妬させられたりと、ルイズ様をいじるのもいいのだけれど、そのカタルシスの持って行き場が、才人へのお仕置きだけってのは単調。
小船のキスシーンのような羞恥エンドとか組み合わせないと…

次回は「魔法学園の危機」で、コルベール先生の男気が見られるか?しかしルイズ様とサイトの居ない学院で話を動かすような尺と器量は無さそうだから、オチのギャップの大きな感動は無さそう。
第9話が「炎の贖罪」で真実を知ってアニエスをどう扱うか?脇に引っ込めるのが王道シナリオだと思うが。
第10話「雪嶺の敵」タバサお当番回かな。
残り2話でまとめると、アルビオンの戦いで才人の活躍、再会まで持っていけるのか?
つまみ食いで1期・2期を構成した(製作者の見通しの甘さが原因だと思うが)ツケがラストに回ってこない事を祈る。

ゼロの使い魔 双月の騎士 Vol.1ゼロの使い魔 双月の騎士 Vol.2
ゼロの使い魔 双月の騎士 Vol.1
ゼロの使い魔 双月の騎士 Vol.2
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。