アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しかし、どうしようもない親バカ二人とギャルゲ-&コスプレの取り合わせは濃いものがある。挽歌というか哀歌が相応しい。
予告でパンツ見せてたのはルナパパだった…やはりテレ東は甘くない。
この作品、キャラが多い割には「可愛い男の子」キャラがいないのが最大の難点。
男の子なら乳首見せようが、セーラー服コスでブラ&ショーツ見せようが無問題だと思うですがいかがなものでしょう?
わが同志jiro様の「可愛ければ女の子でも男の子でもOK!」これ至言也。
次にテレ東作品やるときには、是非ご検討を、岸監督。制作は終盤の修羅場でしょうが、皆様お体を大切に。

コミック原作に準拠しているのか判らない話数だが、良くこの内容でシナリオ1話書けるな(誉め言葉)いつも言う「本線に関係ない中休み回を書かせたら日本一」だと個人的に認定している、上江洲脚本回。狭い舞台設定とキャラで、グリグリ回してくれます。
しかも、あのターミネーター玄田哲章に萌え声出させるなどとは言語道断(誉め言葉)
豪三郎、政さんもギャルゲキャラで弄られていた。政さん、妹キャラで「お兄ちゃん」と永澄を起こしに来るシーンは、さすがの永澄も引いた演出。
いつもは演技の引き出しを開ききってる女性声優陣も、今回は男性声優陣の演技に笑いをこらえるのが大変だったのではないでしょうか。

娘の心を掴むのにギャルゲって手段は、もうふた昔前の「ときメモ」をクリアして女の子の心をゲット並みに古臭いが、そのギャップが珍騒動を上手くドライブしている。
たい焼き持ったルナパパに「うぐぅ」って言わせたり、暴走する父親に灰になりそうになったルナに「もう…ゴールしてもいいよね?」 とか、ダウンした永澄がジョーになってたり、やりたい放題。
今期はパロ作品が多いので、原典を思い出すのに苦労する。

最後は蓮さんが、ダメ親父たちにビシッと決めて、おいしい所をさらって行きました。
最近は母親に決め手を奪われがちの燦だけれど、最後のネコ耳コスで再逆転か?
ルナパパと豪三郎演じるCパート「少女と仔猫」は蛇足かな。本編であれだけ暴れれば、もういいでしょうって感じ。
燦のネコ耳コスを引っ張るか、ルナや巻のコスで膨らませるのが良かったのではないかな?
次回は委員長、またの活躍に期待?

ギャルゲ「放課後ラブハーツ」の発売予定は?(ネタです)
巻の等身大フィギュアとか、「ウオ一発」とか商品化が待たれるところ。(これは本気)
GONZO&avex は商品化が鈍いので、コミケではTシャツと湯のみくらいしか見当たらず。Tシャツ着ている一般参加者を一人だけ見かけたけど、旬を外すと在庫抱えますよ!
マジカノカップも余ったようで、メガミマガジン読者に会場で配布したみたい。
巡の抱き枕カバー、まだ?巡が手錠かけられて、顔を赤らめている絵柄でお願いします!(これは最も本気)

Dan Dan Dan瀬戸の花嫁 第2巻 初回限定生産盤
Dan Dan Dan 8/22発売予定(Amazon)
瀬戸の花嫁 第2巻 初回限定生産盤 8/29発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。