アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近の作品でコミケのネタが多いが、Aパートはまさにそれ。
録画をしたそれを、ビッグサイト東駐車場の待機列の中で携帯プレーヤーで見るのは我が事ながらシュールだ。
藤吉晴美は腐女子同人らしいが、彼女の考える同人と糸色先生の考える同人は別物ですれ違い。そのすれ違いが今回のネタの始まり。
糸色の考える文芸同人が先輩格だが、この世はマンガ同人が主流。評論系同人は今のコミケでも健在。

パンツ担当がカエレの他に、夏休みの学校で智恵先生と過ごす小森霧も参入か?
カエレも4コマネタの中で、パンツ4連発。

糸色の言うには起承転結の後の5コマ目「闇」があるそうな。
落としてさらに弄る5コママンガの作風は、やおい作家には難しそうな。

Aパートの映画風オープニングやホームドラマ風の妄想シーンの演出などは、良いアクセントになっているが、本編の即売会シーンを紙人形芝居的に見せるのは過剰すぎるかも。

Bパートは、これも時節柄の祭りネタ。
何でも神輿に担ぐメディア風刺だが、その力の無いシナリオと演出に脱力。
強いて言えばAパートのやおいを自ら証明した自虐・セルフパロだと考えれば納得できるが、感想は割愛する。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。