アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここまで溜めてきた伏線を、各キャラが説明してくれるから判り易いのだが、少し手抜きかも。
シナリオは戦闘直前のタメで一本道になるのは仕方ないが、演出で稼いでくれた気もする。
レジアスの死んだはずの友人がゼストだとか、脳だけ残った最高評議会が作り出したのがスカリエッティと言うことで良いのだろうか。
その脳みそだけ生き長らえている3人も、最後には(下手人はドゥーエだったかな?)始末されてしまったし、地上本部といい危機管理意識なさ過ぎ。
もっとも、中枢が無能でないと機動六課の出番が無いから、これで良いのだが。

出撃前のフォワード4人となのは、ヴィータの別れの水杯は無かったけれど、決戦を前の覚悟の描写は良かった。
キャラの作画も気合い入っているけれど、過剰な表情付けと、話数内での統一感が欠けているのが減点。今回はデジタルネットワークアニメーションのグロス。ラディクスの流れだっけ?

リミッター解除されたせいでもないだろうが、戦闘に向かうなのはとフェイトの百合っぷりは異常!
空飛びながらもフェイトがデレてるし、ベッドでもあれば即いちゃいちゃしそう。
置いてかれたはやてとヴィータはあきれ顔。
次回は、アースラや次元航行部隊も登場して、百合パワーブラスターモード全開のなのはさんに期待。でも無理が祟ってフェイト心配ってオチのような気がする。

魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.2
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.2 8/22発売(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。