アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
章子が真琴の桃尻を狙っているが、比較的シリアスな桃香誕生の秘密が一部明かされる。
それでも空気読んでいない桃花は、犬になったり相変わらずの天然ぶり。
アバンとエンドで桃香は由美子と同衾している。

由美子が見る幼い桃香との桃狩りの夢。由美子の中のジュナが胎動しているのだろう。
その夢の通りに、胡蝶三姉妹率いる二宮会主催の桃狩りのチラシを桃花が持ってくる。食べ放題には弱い。
そして、参加者は筋書きと違わずに守東家の面々+α(桃香・桃花・春彦・真琴・章子)
古来より薬として魔除けとして用いられる桃、その実がなる桃園での出来事。
桃の実に触れる桃香から妖気が滲み出るのは、その身に収めた石剣故か?

今の桃香が作り物である事は、同じく作り物である(妖怪変化でもあるが)胡蝶三姉妹は知っている。もちろん作り主であろう鬼梗は大気の乱れを感じ取っている。
桃香は胡蝶三姉妹と閉ざされた空間で、自らの出自と運命に対して無自覚。
「困りましたね、無自覚と言うのは本当に厄介ですわ」
桃と胡蝶三姉妹が石剣を持つ桃香の役目を、自身に気付かせる触媒となって働く。

こちらは残りの4人、川を流れる大きな桃を見つけた真琴。
「中の人などいるわけがない」と、春彦は刀で桃を一刀両断するが、そのリアクションとか章子のゲロとか、中の人はいた?
由美子が悲鳴で「足が痒いの」は蚊に刺されたからだろうが、桃香への夜伽で語る「桃香は桃から産まれた」ってのはシャレにならない。
上津未原というか、由美子の世界では桃から子供が産まれても不思議ではない。
やっぱり春彦は、中の人を切ったのか?

桃園で桃香が見る幻影は、幼い桃香。
「あんたは私の代わりだよ。あんまり調子に乗らないでね」
これ以後の話数では調子に乗っている桃香が見られるのか?
「石剣も春彦も、あんたにあげない。全部私のもの」
作り物の桃香に自我など必要なく、役割を演じて果てて行けばよいとのメッセージ。
この後(話数は遡る)の桃香の重い心境を思いながら、第1話での魂の解放を見ると、また面白いだろう。
光る桃を桃香の胸に押し当てたのは烙印か、それとも石剣の浄化・有効化か。
足どり重い桃香の帰路を、鬼梗が見守る。

今の春彦は桃花が許婚になっているが、その昔の春彦は幼い桃香が許婚だった?
しかし回想シーンでは清春に斬りつけていたが、何か事件でもあったのか。
清次と名無しの婚約者の子が清春、清春に精神を奪われた清次と由美子の子が幼女桃香?
遺伝的には異母兄妹で婚約者だったのだろうか。
幼女桃香と清春の関係や、いまの桃香が作られる理由、桃花が現れた経緯など追々明かされることだろう。
エロは無いし、シリアスだし、終盤に向けて重くなってゆくのかもしれない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。