アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
諸事情により第6話「初めてのデート」は間に合わなかったというか、放送しない判断だった模様。
エロ過ぎて見せられないのではなく、本当に出来ていなかったのだろう。
それまでの話数の「もえたんコーナー」の張り紙ネタの「もえたんの総集編はやらないの!」「大絶賛現実逃避中!」から制作の遅れがうかがえる。
今回の新作張り紙ネタも「総集編?違うよ!」「まあ、アレを放送するよりは……」「赤字です」がオチ。

バンダイビジュアルの永谷Pの責任編集による今回。
8/1に現実に気がつき8/3に編集室に篭もり4日間で編集したようで、公式ブログの表と裏に書いてある。
「アクタス、やっぱり」と言う気もするけれど、「富士山」とか動かなかったり崩れていたりするキャラを見せるよりは、今回の製作サイドは良い判断をしたと思う。
第6話は、アクタス制作なのかグロス出しなのかは不明。多分グロス。
当初の第3話から第6話にスケジュール先延ばししたにもかかわらず、出来なかった事になる。
絵コンテが上がらないか、作監や演出が逃げたとか、たまにあるパターン(筆者想像)

すみと瑠璃子さんによるキャラの相関の説明と名場面回想は、まさに総集編。
他のキャストは忙しくてスケジュールが押さえられなかったのかも知れないけれど、ラジオのコンビだから息も合って、かえって良かったのではないか。
ぶっちゃけ、キャラ演じなくても戸松遥と森永理科のオーディオコメンタリーでも大丈夫。

そしてあーくんが選ぶ「激萌えベスト5」
5:いんく変身バンク、4:プール・水着回、3:ありす水浴、2:いんくxすみ 激突69、1:いんくxすみ入浴

「もえたんコーナー」も総集編で、残りの尺を何とか埋めた。
既出の5本に加え、新規に3本を放送したが、次回以降の話数分を先取りしてしまったか。
その1:「現実とアニメの世界は違います。それでも私は幸せです」講師はいんく
張り紙ネタは上述。
その2:「マンガを買うとき、ビニールに入っていても、上から2、3番目をとるのが基本だね!」講師はありす
張り紙ネタは「平均年齢30代、独身」「萌えに関して真剣に打ち合わせ」「そんな仕事も世の中にあっていいと思う」
その3:「トレーディングフィギュアを箱買いした時は、どこにシークレットがあるか調べるのは当然だよね!」講師はすみ
張り紙ネタは「昔のアニメの方がエロくね?」「打ち上げはあるよね…?」「大きさの概念を捨てるんだ!」

第6話はDVD収録されるそうだが、放送枠を買ってでも流して欲しいところだが、そう無理も言えない。せめてBIGLOBEストリームでの配信を希望する。
この第5.5話も、自戒の念を込めてDVDに収録する事を希望する。

とらのあな もえたんバスタオル
もえたんバスタオル C72とらのあなブース(企業ブース345)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。