アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月が激突するまで残り2週間、人類救出に苦悩するロシウの選択の対極でキタンの活躍が目立つ。
妹のキノンとの思いのすれ違い、新政府を比べて大グレン団の一員として生きることを選んだが、カミナ亡き今「熱い男」を見せてくれた。
今回はフロントラインのグロス。2回目かな?

人類を地底シェルターへ退避させているが、リーロンのシミュレート結果では激突の衝撃で地上は火に包まれ、地下も崩壊の予想が明らかに。
動揺するロシウだが、アークグレンに乗せた人だけでも宇宙で1年は暮らす決断を行う。
「ノアの箱舟」として地上の動物の搭載も開始。
それに気づいたキタンの動きで、Bパートが生きてくる。

入院中のキヨウとその夫ダヤッカ、実妹のキヤルに対し、アークグレンへの搭乗を急ぐように指示した所へムガンの急襲。
一人ムガンを引き受けるキタンは渋いね。
第3部は約束事に縛られて制限厳しい設定が多いけれど、熱い見せ場の用意は忘れていない。
キタン憤死かと思わせて、町工場のマッケンが援護、レイテが廃棄予定ガンメンを整備してキタンに引き渡す演出には胸が熱くなる。

アークグレンの螺旋力を察知したようで、螺旋のバリアは30分だけ有効と時間設定。
判断を迫られるロシウは、搭乗できないものは置いて発進する決断。
新政府の新総司令官としての決断は間違いではないが、大グレン団の印コアドリルをキタンに譲っていなければ出来なかったことだろう。
気落ちの上でも区別をつけたことで、ロシウに救いもある。

さて収監中のシモン、予想通りにヴィラルとのバトル。
最初はシトマンドラの部下の鶏獣人が絡んでくる。ヴィラルが殴り飛ばして、シモンとのバトルになりかけるが、看守の制止で二人は独房に。
このシモンとヴィラルのバトルシーンを、音響と鶏獣人のカットだけで進めたが、作画が間に合わなかったのだろう。もし演出だとしたら、意図不明。

地球からの脱出から、大多数の人類と同様に見捨てられたシモンとヴィラル。
そこにニアのメッセージ。
宇宙に脱出しようとも、すべて想定内の事。アンチスパイラルは「絶対的絶望」を螺旋の力を持つ人類に与えるのだと。
そこにヨーコの登場「しばらく見ないうちに、ずいぶんつまんない女になったわね、ニア」
ニアの髪をかすめるヨーコの銃弾は、第2部でニアの髪を散らした射撃の時からの運命のすれ違いを感じられて物悲しい。正面から撃たずに後方からであるのも、敵対関係を暗示する。

次回は佐伯演出回。第23,25話の絵コンテも。

天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版)天元突破グレンラガン2天元突破グレンラガン 3
天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版) (Amazon)
天元突破グレンラガン2 8/22発売予定(Amazon)
天元突破グレンラガン 3 第6話(解放版)「見てえものは見てえんだ!!」収録 9/26発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。