アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
植物の種類ではなくて、TVアニメ「SHUFFLE!」(WOWOW)11/25放送分のお話し。

前にも触れたが、亜沙先輩の過去(魔法が嫌いな理由や亜麻さんの謎)と楓の暗い過去(雨に打たれ泣く幼時のシーン)を絡めてお話しが進んでいる。
前回放送の亜沙先輩と稟のデートでは、稟のヘタレ加減というか想いの至らなさが目に付いたのだが、さて今回は。

まあ、その、冒頭から「死んじゃえばいいのに!」には心が痛んだ。
なぜ楓が「稟に尽くすことだけが生きがい」としているのか、その過去が明かされつつ暗い展開で進む。
楓の母と稟の両親を失った交通事故の原因は、稟が「早く帰ってきてと」無理を言ったからだと、幼い稟のついた嘘を信じていた楓。
その嘘を信じて稟を憎みつづけることで、事故後のショック状態から立ち直り生きる力と変えた楓。
父の前では稟と仲睦まじく見せる楓だが、その陰では稟のものを壊す、カッターナイフを階上から落とす(原作では背中を刺したような気が)など、凄まじい報復の日々が続く。
ある日楓は、稟が部屋に隠していた絵葉書を見つけ、事故の本当の原因は留守番中に熱を出していた楓を心配した稟が旅行先の母親に連絡したからと知ることになる。

そして今まで自らの心を殺して稟に尽くしてきた楓だが、稟が亜沙に心奪われる日常の中で細かな異変が起きていく。
前回放送ラストの稟の食べない食事を捨てるところから、今回放送のなかでも楓の話しに上の空でゲームに興じる稟の態度、買い物の話しを忘れ亜沙との約束を優先する稟。
そんな稟に何か言いたげだが、言えない楓を気遣うプリムラ。



プリムラは魔界から戻って、楓の心の動きをいちばんわかっているように見える。
お兄ちゃんって呼んでいい?」ってプリムラの出番がまだ無いのが残念。
最後の大団円で出るかな?

亜沙とのデートで食事は要らないと言う稟、変調を示すように「逝ってしまった」楓の瞳。
楓がキッチンでかき回していた空の鍋、楓が壊した稟の帆船模型、亜沙を塗りつぶしたプリクラシール。

そんなところへ稟が亜沙を連れ帰ってきた。
亜沙に「帰ってください」「稟君を返して」と責め寄る楓。
そのショックか倒れる亜沙。

今まで出番の少なかった楓だが、今回は独り舞台のよう。
CVの後藤邑子の熱演も素晴らしかった。
「ぽんこつ」だけではない、その素質の片鱗は「後藤ラジオ」で知っていたつもりですが、あらためて見直しました。

さて、今回は出番の無かったリシアンサスとネリネが次回絡むのか、または最近ご無沙汰の神王と魔王が亜麻&亜沙のヒミツに絡めて解決策をひねり出すのか?
それとも最強の魔力を内に秘めたプリムラが何かやってくれるのか?

さて、この一連の稟の行動はヘタレとか優柔不断とか鈍感とかでなく、次のように意図していたらどうだろうか。

「稟は承知の上で、わざとやっている」

事故の原因で楓に嘘をついたのも、楓が稟を慕う気持ちを秘めたまま尽くしている事に気付かない振りをしているのも、稟の書いたシナリオ通りだとしたら。
これが8年前まで一方的に虐げられた楓への復讐だったとしたら・・・・・

でも楓はもっと報われてもいい存在。
次回も注目。

※録画して朝から見たので、軽いショック。しかしTVSの「ラムネ」も録画したので、七海役の後藤邑子の声でちょっと癒され、回復。「てれりこ、てれりこ~」には参りました、後藤先生。

そういえば今日は「SHUFFLE!」DVD第2巻の発売日だ。
買って帰るとしよう。


追記11/27

後藤邑子の日記更新!
今回の演技についてコメントあり。
よっぽど反響メールあったんだろうなあ。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。