アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動六課の逆襲の前に、各キャラ復活の日常を描いてタメを作ってきたが、少々雑な構成に感じる。
ヴァイスの後輩のヘリパイにアルト、アースラの操艦にルキノが顔見せ。重傷のヴァイスとザフィーラはこのまま退場か?ヴァイスなんかキャラ立ちのチャンスも合ってティアナと絡むかと思わせておいて、何もなしか?
ヴェロッサとシャッハもスカリエッティのアジトを見つけたのはよいが、既に手遅れで成果が無し。
中途半端に立ったは良いものの、報われないキャラが多い。

ヴォルケンリッターたちも、闇の書と切り離されてから守護騎士システムが弱くなっている。
死も恐れぬ覚悟で、これは死亡フラグ?
レリックを埋め込まれたヴィヴィオの力で、古代ベルカ式の「聖王のゆりかご」起動。
「ママ、痛いよ!」の悲鳴が痛々しい。自我の意識はあるようだが、一体化した以上は救出には困難を極めそう。

改造されたのか調律されたのか、ギンガが敵の戦闘機人に混ざっている。
これはスバルとの姉妹対決で決着をつける終盤になりそうだが、ここの制作は欲張りだから、このバトル1本で構成せずに、なのはのブラスターモード解除で殲滅後に、なのは瀕死とかヤマをいくつも用意しそうだ。視点ぼやけて、個人的には嫌いな手法。そうならない事を願う。

こちらも中途半端なキャラ立ちのキャロ。ラスボスにもならず、黒化もせず、可愛いキャラのままで終わりそう。エリオも個別の当番回も無いままに最終戦か?
ティアナはトラウマ回をやったが、相棒のスバルがラストのメインだから脇役なんだろう。

このあたりのキャラの演技とかアフレコの様子とか、キャロの中の人とティアナの中の人が、少々の毒含みで語ってますので、興味のある方はこちらでお早めに。
美佳子@ぱよぱよ 第316回パート3

パストラルのグロス回。セブン・アークスよりは出来が良い。

魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.2
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.2 8/22発売(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。