アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西ヨーロッパ基地の壊滅はワームの仕業だろうが、その基地から脱出するエリーゼの行く末をアバンで暗示し、本編は事件の報告を受けた追浜基地の緋月補佐官がスカイガールズの訓練を急ぐ様子を描く。
ストーリーの根底はシリアスなのだが、隠れ巨乳の七恵を狂言回しにテンポ良く描いている。

サブタイだけ見たときには、七恵の過去編とかお当番回かなと思っていた。
七恵は敵組織のスパイで、システムに侵入してソニックダイバーを奪うなんて超展開は無かった。
ランドリーに置き忘れたブラ一つのネタで一本引っ張るとは、さすがこの手の話は玉井☆豪の手にかかると面白くなる。



緊急発進訓練ではモーションスリット着用シーン。
冬后指揮官、発進が遅くなってもいいから、着替えシーンにもっとタメを作ってください!
丁寧に着ないと破れるのでは?
訓練シミュレーションにワームを出現させたのは、西ヨーロッパ基地の壊滅に焦る緋月補佐官。
冬后指揮官とのディスコミュニケーションを浮き立たせて、この後につなぐのだろう。
突然のワーム出現に、不慣れな機銃を勝手に捨ててMVソードに持ち替えた零神の動作はノープロブレムなのか?

デカブラ見つけた音羽は持ち主探して歩き回るが、七恵は自分と同じ仲間だと思い込んでいる。
可憐は持ち前の観察力と計算で、抱えた書類からはみ出す七恵の胸をE68と算出していた。
トップサイズは88cmくらいになるから巨大ではないけれど、細身の体に意外性のあるサイズかもしれない。
「また大きくなっちゃった」「サイズの合うブラ無いのに…」七恵は言うけど、E70ならサイズはあるんじゃないかな。種類は少ないのか。



勘違い音羽は、七恵に多分Aカップの寄せて上げるタイプをプレゼント。
書類で隠す七恵の胸を改めて見て、大きさにショック受けるオチ。でも普段から気がつくだろうに…。
胸の大きさ(小ささ)をネタにするのなら、微乳パイロットはは空気抵抗が少なく高速にとか、慣性モーメントが小さいので格闘戦に優れるとか、本筋に絡めて落として欲しかったところだ。
画は今のところは問題ない。シナリオと演出は相変わらず控えめで、突き抜けたものはまだ無い。

エリーゼは外観の印象では金髪ツンデレ娘かと思っていたが、破壊される基地を目に焼き付け、重いものを抱えたまま登場しそうな感じ。
その内面の裏返しで、強気ッ子てことはあるかもしれないが。
次回、合流だろうか。


スカイガールズ Vol.1 10/31発売予定(Sofmap)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。