アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誠は世界と関係した若しくは世界を選んだことを自発的に言葉に明かしたようなサブタイだが、これはミスリードを誘う。
人目が途切れた隙に世界にキスするは、揉むは、撫でるは、覚えたてのサルのごとく励む誠では、そんな誠意の欠片も望み薄。名前負けしてるよ、誠…
誠の告白「世界が好きだ」は省略しすぎなので、補完すると「いつでもさせてくれる世界が好きだ」が正しい事を忘れてはいけない。

言葉には上の空の誠、着信無視、誘いに嘘ついて断る、お揃いのケータイは断る、転んでも無神経。
世界は二人の関係を言葉に隠している事に罪悪感。しかし描写はしていないものの、誠が自分を選んだ(正確には、自分の体を選んだ)ことに優越感を持つはず。この葛藤を修羅場の中で如何に描き出すか、興味が持たれる。

描き足りないのは、世界と刹那の関係。今回のサブタイはこの二人の関係の事だと思っていた。
誠と付き合っていることを世界から聞いて安心したような刹那の表情の理由、世界の家に毎日?出入りしている家庭環境など、尺を取って欲しい。

乙女も誠に気があるようだが、言葉の「私、誠君の彼女ですから!」宣言。
乙女一派のイジメフラグが立ったから、学園祭に向けて実行委員の言葉へ攻撃開始か?
そして一方の誠は、言葉が急いで駆けつけた屋上で世界と乳繰り合ってる。
開けようとしたドアの向こうから聞こえた、世界の「誠の事が好きなの」
電車から見た二人のキスには「まさかね…」と打ち消せたが、これでトドメ!
八方塞の言葉様の打つ手は?
まさか泰介と言葉がくっつくエンドは無いと思うけど…
白馬に乗った王子様を待つのか、道を切り開くのか、言葉様の次の一手に注目。

視聴者を苛つかせる構成は見事だが、そろそろ心臓に悪くなってきた。
これ、視聴者がどんなスタンスで誠と世界、言葉の関係を見ているか、自分の実体験に照らしてどう反応するかが試されているのかもしれない。
他の感想・レビューを読むと「ヘタレ」「誠、逝ってしまえ」「世界、ビッチ!」のような感想が多い気がするけれど、このダメさ加減を描くのがドラマだから、どのようにまとめるのか最後まで楽しみではある。
今回は田中基樹作監。

今回のフェチ的ポイント
・椅子に膝立ちの心ちゃんを撮るバックからのアングル

今回の誠の不埒の数々
・「ラディッシュ」の裏で/誠の家で朝チュン世界裸ワイシャツ/刹那のいない事を確かめた世界の家で/昼休みの屋上で

※言葉に様付けして書いていますが、特に理由は有りませんのでお気になさらずに。私の中では「ルイズ様」とは少し位置付けが違います。

アニメの心ちゃんファンには「Summer Days」をおすすめしません。攻略対象に昇格しています。ちょっと痛々しいので…
噂のバグ対応巨大パッチは、そろそろ問題ないでしょう。
以下のリンク先には年齢確認があります。

School Days ~スクールデイズ~ (Sofmap)
Summer Days ~サマーデイズ 通常版~ (Sofmap)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。