アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かーくんが涎垂らすほどのエロ演出はなかったが、少し真面目に「いい話なんて作ってみました」回。でも折々のギャグとパロネタは、シュールさを増している感もある。
今回も絵コンテは川口監督。
えーっと、この魔法幼女物語に賭ける情熱を、もう少しハヤテ君にも回してあげて欲しいところだが、大艦巨砲主義的な小学館よりも三才ブックス・バンダイ・ランティスの三国同盟軍を指揮するほうが似合っている気もする。
実際の製作委員会(ぱすてるインク応援団)は、バンダイビジュアル・プラネットエンターテイメント・アクタス・博報堂DYメディアパートナーズの4社。
アクタスも出資しているから、そりゃ制作の気合いも違うと言うもの。張り紙ネタで愚痴垂らしながらも、頑張っている。

アクタスは編集屋さんとしての知名度は有ったけれど、制作は関連会社カラクの悪いイメージが残っていたが、今回は良い方だろう。そんなに動きを要するコンテ切ってない感じだし、制作には優しそう。変身バンクがキチンと出来ていれば良い。
さて、その変身バンクだが、今回もすみのバンクなし。
変身済みで、空から降ってきた。
せっかく作ったのだから、使いどころを見つけて欲しいものだが、エロ過ぎて無理なのかなあ。

シナリオは相変わらずゆるゆる。
某女子制服月戦士の「うさぎちゃん!事件よ!」って言ってみたかっただけのあーくん、「シャボン何とか」って呪文詠唱のいんくと、好き放題。
現在でも過去でも「コスプレのお姉ちゃん」と呼ばれるシュールさ加減は忘れていない。

今回はありすの魔法で過去に飛ばされたいんくとあーくん。
幼時(今と体型が変わりない気がするが)のすみ、女子高生だった瑠璃子さん、チビッコのナオ君と公園で出会う。
小さいすみにマジで英文法教えたり、ゲームに興味もなかったナオ君に携帯ゲームさせたり、すみの英語嫌いとナオ君のゲーム好きは、この時ににいんくが過去に干渉したから発生したと言うオチ。タイムパラドックスなんてどこ吹く風。

泣き出したすみをチャリで迎えに来た瑠璃子さん。この人はあまり変わりが無い。
でもこの頃から黒かった。すみに「帰ったらみっちり教えてあげる」と言う顔は、何故か翠星石っぽい。青い子じゃないのか。
かと思えば、いんくがナオ君に教える例題は「緑の子はいらない子」
あっちの翠の子なのか、ありすの事なのか、それともダブルミーニングか。

ダンディーと警官は当時も追いかけっこしてるが、ガンダムバナーの上井草商店街だろうか。
いんく母は今も昔も変わらず。
いんく(大)と、いんく(小)とは出会わない設定にしてあるのが細かい。
空に飛ばされた赤い風船の切ない想い出と絡めて、いんく(小)の知らないところで、話が動いている。

英語の授業は「最終回に全米が泣いた!」と和訳するナオ君。
“You can only read Saki Sensei's Comics in ●●●● ”を訳せなかったすみ。
ナレーションでは伏せ字を JUMP と発音していたが、今話の脚本家先生と同じ脚本の有名な乳首追加コミックスの事なので、あえて訳さない配慮。
Cパートは、「大絶賛現実逃避中」の制作スタッフ。
例文は「敵の攻撃にむかつき、携帯ゲーム機ごと叩きつけたらゲーム機が壊れた」と長い。

もえたんエンディング「スキップ!」

EDテーマ「スキップ!」 8/22発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。