アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニメオリジナル回。
エレオノールはまだしも、カトレアまで学院にお出まし。
ちいねえさま、病弱なんだけど、よくもまあ出て来れたものだ。
気軽に杖を振って魔法を使っているようにも見えるし。
エレオノールは魔法の実践講師と言うことだが、才人監視のためのルイズ父の差し金だろう。

しかし才人よ、なぜエレオノールの寝室ばかり行く。優先順序はカトアが先だと思うのだが。
学院長室の金庫から盗まれた、風と水のルビー。
内輪の犯人探しで姉さま二人のチェックは才人の役目。逃げる間際に胸についた刻印を確かめる。
エレオノールはペタ。
カトレアを調べようとしたところに、部屋の爆発。
カトレアを犯人に仕立てようとする、真犯人の仕業。

エレオノールが見つけた髪の毛にマジックポーションをかけると、持ち主のところに戻って行く。
以前からアニエスも薄々疑っていた、銃士隊の身内ミッシェルが犯人。
オチをつけるにはわかりやすいシナリオだが、こんなものだろうか。
別にカトレア使う必要もないし、キャラが立ったわけでもない。胸にスリスリしてくれるような、もう少ししっとりとしたシチュエーションでの活躍が持ち味。

せっかく刺付きの鞭を新調してくれたルイズ様。騒ぎのため鞭打ち寸止めが多くストレスがたまるが、最後には決めてくれた模様。ここは絵が欲しかった。
シエスタは今回のパンツシーンこそ見せ場のはずだが、パンツ穿きそうなシーンだけでは足りない。平民メイドとして「ぱんつはいてない」シチュエーションで決めてもらいたかった。
第2期になると貴族と平民の区別の描写がゆるい。

コンテで誉められたのは、エレオノールが引っ張るルイズ様の頬から才人が引っ張るパンツの切り替え。もう少しワイプなど使ってシームレスに描いていれば言うことはなかった。



今回の事件で、銃士隊副長ミシェルを手引きしていた高等法務院リッシュモンは、アニエスの過去の虐殺事件に絡むので、こちら方面でも動きがあるだろう。
その場合はコルベールも関わる事になる。
アニエスは重要とも思っていなかったが、このエピソードまでやりそうな雰囲気では、それなりに尺を取る事になりそうだ。
シリアスに振ったシナリオメインで行く事になるのだろう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。