アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
突然に「明日から修学旅行!」と、豪三郎はハイテンション。
当然に教員である瀬戸組一同は同行、明乃の人魚試験は継続中だし、巻は明乃を付け狙ってついて来る。
キャラが多くて収まりがつかなそうなところを、ポジショニングが確立したこの時期だからだろう、それぞれの持ち味が出ている。気楽に見ているから制作の苦労はわからないが、キャラ(特にサブキャラ)が立ち、それぞれが意志を持って動いて「瀬戸の花嫁」という芝居を演じているように感じさせるから見事。

「たかが修学旅行回」と侮ってはいけない。
見どころは多いが、まだ新参者で敬遠されがちな立場の明乃が、永澄に対する信頼と裏切りの感情に揺れ動き始めたところ、この明乃の表情と喜多村英梨の演技は注目したい。
イベント一発で簡単にデレる手抜き演出はせず、徐々にキャラ立ちしてくる感じが良い。

巻に襲われ濡れた足を我慢する明乃、そして旅館での燦と明乃の絡み合いで、水に濡れて腰がムズムズするのを抑え、足がヒレに変化するのを我慢できるか、それが人魚が大人になる条件だとわかる。
特訓すれば克服できるのか?
別に理由はあと付けでかまわないが、この絡みはテレ東の限界ギリギリの演出だろう。
音響監督の飯田さん、演技つけすぎじゃないか(もっとやっても良いけど)

個人的には巡の勘違い妄想がツボ。予想外に活躍してくれた。
風呂では委員長の胸をまさぐったり、廊下をガニマタで歩いたりとオッサンキャラになっているが、それが良い。
怪しむ巡に燦と明乃の入浴シーンを見せないため、幼なじみに口からでまかせの告白をした永澄は罪作りな奴。
目がギラギラと寝付けない巡、哀れ…
そして旅館の女将に、金田朋子をキャスティング。
sola の繭子の演技は良い意味で期待を裏切ったけど、今回はいつも通り期待を裏切らない朋先生の演技。

原作準拠なのかもしれないが、修学旅行のドタバタをここまで絞り上げた作品に出来るのは感心する。さすがに修学旅行を1話で終わらせる事は難しかったようで、実際にこの話数見ていても圧縮感一杯。しかし大事なところ、水に濡れ我慢の明乃の表情、部屋と浴場で絡み合う燦と明乃などは、尺をキチンと取っている。
このテレビシリーズは、制作も製作も、そしてキャストも良い関係で仕事が回っている事が見て取れる。
テンポの緩急、ギャグとシリアスのギャップと間など、エンタテインメントアニメの良い見本。

Dan Dan Dan瀬戸の花嫁 第2巻 初回限定生産盤
Dan Dan Dan 8/22発売予定(Amazon)
瀬戸の花嫁 第2巻 初回限定生産盤 8/29発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。