アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
破壊された地上本部と機動六課の廃墟から逆襲が始まるかと期待したが、伏線回収と設定の解説を集中的にして来た。
もう何となく気付いている事なんだが、シリーズ構成の都合で語っていない感じの内容が多くて嫌な感じ。「謎が謎を呼ぶ」多重構造の展開ではなくて、場面に応じて小出しにしている。

・レジアス中将はスカリエッティと内通して、人造魔導師やら戦闘機人を使用しようとしていた
・ギンガとスバルが戦闘機人である事は、大多数が知っていた
・ギンガとスバルは、ナカジマ部隊長の妻が現場から引き取り育てた
・ナカジマ部隊長の妻の殉職にはレジアスが絡んでいるか?
・はやてはレジアスの裏に気付いていた(ちょっと意外だが)
・機動六課は、レリック捜査からスカリエッティとの対決に目的変更
・ゼストの映像を見て動揺のレジアス、過去に因縁が?
・ルーティシアがナンバー11のコアを探す理由は母のため
・ゼストのダメージ大きく、死ぬのか?

オープニングが変更。スバルが前面に出た感じ。
バトルの組み合せは意味ありげで、これも伏線か。

さらわれたヴィヴィオが聖王の器としてレリックを移植されようとして終わるが、ヴィヴィオの絶叫は胸に刺さる。
スカリエッティのペドフィリア的な演出は、まずい。控えた方が良い。この先ヴィヴィオが覚醒して、なのは&フェイトと戦う演出はもっとまずい。
幼女の痛みを効果・演出に利用する事は避けなければならない。
この点でこの話数は全く評価に値しない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。