アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
維持コストがただならぬ感じのソニックダイバー隊がムダメシ食いでないか、お偉方の視察。
先任の瑛花が、いまだ頼りない音羽と可憐をリードする自覚を持つきっかけのお話。
Aパートは特訓の毎日。
格納庫で素振りの練習をする音羽の「この子(零神)のそばでやると落ち着く」ってのは、適合性の良さを示す伏線だけれども、程ほどで願いたい。
このまま単調に零神とのペアが上手く行くのも退屈なので、零神が拗ねたり暴走したり、音羽との葛藤が見たいところ。その辺の構成は抜かりないと思うけど。

メカニックの遼平は、音羽に顔を赤らめたりするけれど、ツンデレ?
可憐がたくみに顔を赤らめるのはわかるけど(これも何か設定がありそう)
瑛花は早々にツンが消えたので、一番のツンデレキャラは緋月補佐官だったりして。
たくみの声がハヤテに聞こえて仕方が無いが、悪いと言うことではない。

チームの行く末に少し悩んだ瑛花だが、三人それぞれの夢と目的に向かって再結束。
訓練は瑛花が引っ張って、クレイ標的を使った火器演習。
剣道の間合いと同じで「遠くから撃つのは好きじゃない」音羽が第1回に全部外す伏線を張って、本番へ。
視察本番は火器の不調を自動的に感知した零神が機銃を勝手に捨て、MVソードを抜き身で標的に斬りつける。



ストーリーをなぞって行くと、クソ真面目に作ってあるのが良くわかる。
第1話・第2話のつかみは良かったが、その後は練習の日々。休日回を挟んでもシナリオが少々息苦しく、各話中にもっと華が欲しいところだ。
そろそろ「新モーションスリット」の試着・耐久試験など希望。
吉岡脚本は超展開などないだろうが、ヒネリが欲しい。
絵は悪くないけれど、こちらも華がない。今回は AICのグロス制作。

特訓の成果か、DNAレベルまで適合した零神と音羽の相性のお陰か、視察官も満足するデモフライトで、ソニックダイバー隊の存続は間違いない。
と言う理由よりは、次回予告が告げる欧州での異常事態に対処するために必要とされる。ワームの復活だろう。
エリーゼも登場。日本に来るのか、スカイガールズが欧州戦線で戦うのか。
島田フミカネつながりで、零神の得意技がMVソードって事も含めて「ストライクウィッチーズ」っぽい展開の雰囲気。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。