アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tvkの放送を見ているが、規制されたか自主規制したか、ついにオープニングの言葉&世界の乳首がトリミングされて消えた。
前回書いたが、TNKの制作日記では、もし消えたらば大人の事情ってことで大目に見て欲しいとの事。こだわる方は前話までの録画かDVDでどうぞ。

今回は水着回。
私的には水着より制服・黒ニーソが良いけど、着替えシーンとか雨に濡れたシャツから透けるブラとか、コンテは頑張ってる感じは伝わってくる。
言葉様のは大きすぎると思います!

言葉が誠を誘ったプールチケット、光から泰介を誘う依頼を受けて人数が増えている、合コン状態。当然のように世界と刹那も来てるけど、光と泰介の仲を取り持とうと表向き動く世界の陰謀、誠は言葉に簡単に渡さないぞって企てだとしたら怖い。
言葉は堂々と誠との交際宣言をしたけれど、誠は世界との特訓の味が忘れられないか、あれが世界の作戦だったか、世界とバカやっているほうが楽などと言い出す始末。
エロゲでは良くあるシナリオ分岐。

本当に言葉の事が好きではないけれど、何となく成りゆきで言葉と付き合う誠のウジウジ感はわからないでもない、しかしケジメ無きダメ男の見本。
物凄い居心地の悪さを演出している。
世界も自分の気持ちを隠して、お世話好きの善人のように振る舞い、誠に特訓するものだから視聴者から見ると売女呼ばわりされても致し方ないだろう。
世界には何かトラウマでもある伏線があっったかな?
純粋な振る舞いだとしたら、世界には救いが無いかもしれない。どこかで刹那のフォローがあると救済になるけれど。

言葉も「心が会いたい」と妹をダシにして誠を家に誘うけれど、チャンス窺っている気配がありあり。
純粋な心ちゃんのはしゃぎぶりが痛い。
いま気付いたが「原巳浜」駅ってのは「孕み」に懸けた命名。
オーバーフローの出世作は、孕ませゲーの「らーじPONPON」だった。
そんな駅でデート後の言葉をあっさり見送って、今来たルートを戻り世界の家へ向かう誠。
「今、世界に会いたいんだ」「オレ、世界が好きだ」などとメールする誠って…

世界も「誠が悪いんだからね」って、罪悪感を打ち消すため理由をつけないといけない女性特有のセリフで応え、体を開いたんでしょうね。
世界の「この前のは練習」ってことは、今回は「本番」です。

この先もシナリオ分岐が多いはずだから、単純に世界一直線のルートとも思えない。
言葉の体目当て、もしくは無自覚に、誠は言葉にも特訓の成果を試すだろう。
その先の混沌と慟哭が楽しみでもある。
上江洲誠のシリーズ構成は、根拠は無いけれどもゲームのように言葉が切りつけるエンドや投身するエンドじゃないような気がする。
光や乙女はキーキャラではないと思うが、刹那が絡む巧みな構成で終えてもらいたいものだ。もちろん誠はスッキリ逝ってもらってかまわない。

TVアニメ『School Days』OPテーマ/イノセント・ブルーTVアニメ『School Days』オリジナルドラマCDVol.1/ヒ・ミ・ツの花園TVアニメ『School Days』EDテーマ ED主題歌集
TVアニメ『School Days』OPテーマ「イノセント・ブルー」発売中(Amazon)
TVアニメ『School Days』ドラマCD 「ヒ・ミ・ツの花園」 8/8発売予定(Amazon)
TVアニメ『School Days』EDテーマ 「ED主題歌集」 8/22発売予定(Amazon)
<.ANIME>での購入・予約はこちらへ



School Days 第1巻 初回限定版 DVD 9/26発売予定(Sofmap)
School Days 第1巻 初回限定版 DVD 9/26発売予定(Amazon)
店頭でのDVD予約特典はこちらで確認
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。