アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水着回には違いないが、女性視点でのシナリオのためか脊髄液溢れるリビドーは感じられない。
脚本は清水愛。山本麻里安脚本の腐女子傾向と違い、百合寄りだが掘り下げは浅い。
作画・作監の癖にしてはバラツキが多く、キャラの統一が取れていない。
グロスが悪いとはいわないが、水着回キャラ崩壊の法則通りに酷い出来。今回はA.P.P.P制作。
脚本も作画も、捨て回レベル。

学園のプールにしては完全なレジャーランドの作りだが、章子と胡蝶三姉妹のバトルは相変わらず。罠とわかってウォータースライダーに乗る章子もどうかと思うが、ここはテンプレートなんだろう。
女子更衣室の着替え止め絵も、章子の真琴水着着せ替えもヒネリなしで単調。

桃花の中では、ずっと桃香といれられない覚悟が漂い始めている。
桃香を探して家に戻る桃花の切迫した感情表現は、少し急な感じだが許容範囲。
家の前に出来た、由美子の生み出す妄想の海。
桃香に用意してある水着、由美子の中では桃香は女の子なんだろうか?
海苔とオブラートで出来た水着は反則です、由美子さん。それを着て浮かれていた寧々の絶叫オチ。

桃香の水着が魚に食われ桃花の水着も溶け、裸の二人が背中合わせで歩くシーンは雰囲気出ているが、結局この世界では二人は結ばれていなかった事はわかる。
ジュナの魂が収まらぬ上津未原の地から離れた、第1話で二人の物語が始まった事になる。
時系列を逆行して2クール目に入り、このレベルまでシナリオが薄く低く拡散して行く失敗を思うと、2クール目はアニメオリジナルで新しい世界での桃香と桃花の物語を見たかった。
現在は明らかに1クール目序盤からの勢い、アドバンテージを失っている。

次回は「幕」
「月」の例もあることだし、まさか幕=膜じゃないだろうな。

桃華月憚 壱桃華月憚 弐
桃華月憚 壱 8/29発売予定(Amazon)
桃華月憚 弐 8/29発売予定(Amazon)
桃華月憚 初回限定特装版 月華之抄 8/29発売予定(Amazon)
桃華月憚 初回限定特装版 風華之抄 10/31発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。