アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
虹原いんく、黒威すみに続く3人目の魔法少女、白鳥ありすの登場。
ありすはアイドル歌手だけれど元々は魔法世界からやってきて、この世界では魔力の消耗が激しい設定。
ありすに対しいまひとつ萌えないのは、個人的にはメガネッ娘のせいもある。あーくんやかーくんのように、視聴者の欲望視点でありすに絡む淫獣キャラがいないから、今のところはインパクトが弱い。これからどのようにキャラ立てしてくるか注目。

魔法世界で、あーくん(アークス)とありすは何らかの因縁があって、一方的にありすが襲撃する。
また現世界に「蒔いた種から芽が出る」事で何かを企んでいる様子。
ありすは純白キャラかと思ったら、瑠璃子さんとお仲間の腹黒キャラ。アイドルの外面と追跡者の内面の切り換えが面白い。

タコが出たり自爆男が出たり、シナリオは相変わらず自由さが一杯。
保育園で酒飲んでクダ巻く中年オタクオヤジが、いきなり80年代風の男気を発揮してタコに取り付き自爆して、すみのピンチを救うところなどは不条理の極み。
いんくも突然現れたダンディーに救われたりと、ゆるゆるのシナリオだが、いんくの自虐セリフのように「細かい事に突っ込んではいけない」
第3話を除いて川口監督がコンテ切っているが、ハヤテより力が入っていないか?
コミック原作ものでない分、やりやすいのだろうか。長谷見沙貴脚本とは相性が良いかもしれない。

相変わらず変態視線のコンテと演出。
白スク水のバックから、いんく股間の皺を入念に描いたり、すみの大開脚アタック、そして二人の69ポジション。サブリミナルカットで、すみのパンチラ撮影に執念を燃やすかーくんが素敵だ。
大ダコに捕まり、自分を待ち構える触手プレイの数々を妄想できるすみって、成年コミックの見過ぎじゃないのか。あとで厳しく瑠璃子さんに躾してもらおう。

エロ過ぎて、遂にすみの変身バンクがカットされたのか?シナリオの都合か自主規制か?
いんくは臀部だけど、すみは陰阜を晒していたから危険。
いんくの変身をフルにして尺調整したのだろうか。次回の復活を望む。
ありすは水浴び全裸シーンがあったが、他は凡庸。お色気担当はいんくとすみなのか?

ありすの唄う「恋の英単語」はキャラソンとして発売するのだろう。
エンディングはありすバージョン。
あーくんがいんくに言う「でかい胸は地球温暖化に悪影響、小さな胸を大切にしろよ」に共感。
今回の英文例題は「三国志の小喬と大喬は激萌えだ!」「アニメスタッフの打ち合わせは、午前中はほとんどない」「深夜アニメは放送時間が重なり、録画に苦労します」

Cパートの張り紙に「もえたんの総集編やらないの?」
少しは休ませろと言う制作スタッフの心の叫びか、それともエロシーン抜粋で視聴者へのサービスか?
今回は「天元突破グレンラガン」第18話と同じくゴンゾのグロス回。
最近のゴンゾのグロスの出来は良い気がする。

もえたんエンディング「スキップ!」

EDテーマ「スキップ!」 8/22発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。