アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は上江洲誠脚本による、アニメオリジナル回。
彼の得意とする「お茶の間ドタバタ劇」を期待したのだが、ちょっと違うかなあ。

転校早々の人魚試験官である明乃と、強さを慕い集合する「埼玉番長軍団」
アバンの月光の下で集まるシーンは日本映画的なフレーミング。キャラのアップをワイプで切り替えているが、パンのほうが「らしさ」が出ていたかもしれない。
この番長軍団も7人と言うのがミソだろう。黒澤オマージュ。

そんな明乃に組織暴力の匂いを嗅いだ巡の奮闘が、いつのまにか明乃+男子 vs 巡+女子の争いに発展して行くパターンは、燦とルナの歌合戦と同じ。
明乃か巡か、どちらが勝者かと思えば、最後は燦母の蓮さんが美味しいところを攫って行きました。
しかも花吹雪が舞って、劇中歌「花一輪」は蓮バージョンスペシャル。
燦の持ち場面奪う母親。今回の燦と永澄はサブキャラに回ってた。

面白いんだけど、赤挙げないで白挙げないみたいな、気持ちの行き場のなさが少し残る。
保健室で涙ぐむ巡が可愛らしかったけど、蓮に言いくるめられて手を引くところが彼女らしくない気もする。立ててきたキャラを崩すのであれば、もう少し設定と仕掛けに凝って欲しかったが、贅沢な意見かもしれない。
明乃のキャラ確立には、もう少し話数がいるだろう。デレるのであれば、それなりにシチュエーションも必要。

他のサブキャラが良く動いているから、本線を追わないでも楽しめる。
試験失格の三河はまだいるけれども、見限ったのかサル?明乃に取り入る。
明乃を快く思わない豪三郎、番長軍団を焚き付けて明乃から寝返らせるが、最終的に屋上に吊られたのは蓮のお仕置きか?
シャーク藤代はサメの姿、政さんは十字架に懸けられてる。
番長軍団は蛇足だったかも。新キャラ出すとシナリオは動かしやすくて楽かもしれないが、作画が大変じゃないだろうか。既存キャラが多いから、どうせオリジナル回ならそちらを明乃チームに絡めても良かったように思う。

サービスシーンは、沸き出た大量のネコがあんな所やこんな所に潜り込む不条理シチュエーション。ズバリ色々描けないけれど、コンテ(今回は柳瀬雄之)の工夫で頑張っている。
サルが売ってた明乃グッズ、発売は?
多分コスパあたりで、明乃抱き枕カバーは出ますよね?
胸のあたりに突起が見えたが、皺が寄った布の影だという設定にしておこう。
巡バージョンも希望!手錠付きで。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。