アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第3部の第2話目だが、展開が早い。
スピーディーだが筋をなぞるだけではなく、突然の「反螺旋軍」と対峙する事になる新政府、その首脳となったシモンやロシウたちの葛藤を丁寧に描く事も忘れていない。
サブキャラもそれぞれ、重要な役割を担って動く。
それにしても、シモンに対するギミーの「時代が変わった事に気づけよな…」との独白は、結構インパクトがある。
昔ながらのやり方のままグレンラガンで前線に出てくるシモンの、自分で願ったわけでもないのに生まれた世代間ギャップ。
カミナと目指した地上が月が、そして繁栄をもたらした人類が、シモンの夢を遮る事になる現実。
ほんのさっきまで「ニア」と呼ばれていた最愛の女性が、アンチスパイラルが送り込んだ仮想生命に過ぎなかった衝撃。しかし突然の事に、彼はまだ実感できていないのかもしれない。

ロージェノムが隠したままの真実、ニアが告げるアンチスパイラルからのメッセージ、秘密がそれぞれロシウとシモンに語られる。
並行しながらクロスして収束する、このBパートの構成は巧みだ。
螺旋力を持った人類とアンチスパイラルの争いに人類は敗れた事になっている。
監視された人類が100万人を超えると働くセンサーにより、アンチスパイラルの人類抹殺プログラムが起動し「ムガン」と名付けられたロボットが襲撃。最終的には3週間後に月が地球に衝突する。

人類最後の3週間をどのように戦うか、人々の日常はどう動くのか、若い新政府の対応は、見どころは多い。
「誰かがケジメをつけなくてはいけない」
人々の暴動に、ロシウの取った手はシモン逮捕。予告だと裁判までするようだが、なかなか上手い構成だと思う。
どの方向で話を書くのかわからないが、シモンとロシウの単純な和解はないだろう。但し民衆を抑えるためのロシウの芝居って事はあり得る。
今回の事件が持つ意味と、あのアダイ村の聖典の類似を忘れているわけではあるまい。

娯楽性を求めるシナリオに振ると、シモンが脱獄してヴィラルと反政府軍に合流とかだと燃え展開。
地下の穴倉からシモンを地上に導いたのがカミナとヨーコだったように、この混沌の3週間を切り開く鍵はヨーコが握っているような気がする。
今回ヨーコは出番なし。ココ爺に檜山修之のクレジットがあり、意外。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。