アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
相変わらず設定縛りがキツイが、それでもネタバレが一気に始まり、戦闘の急展開と併せて慌ただしくなってきた。しかしこれは1クール目までに消化しておいて欲しい事ばかりなのだが、そういうシリーズ構成なのだから仕方ないか。
一般的には、メインシナリオ、お当番回、中休み回などを適宜こなして来る中で説明されている事が、この作品ではこの話数で一気に出てきた感じ。ある程度伏線は張ってあったけど、相関が弱かったから突然に回収が始まった感じ。今回は草川コンテ。

多くの作品では「お当番回」の中で回収されてる伏線だけどね。
このシリーズ構成が効果があったかは疑わしい。
やるなら、このテンションのまま最後まで突っ走らないといけないけど、はやてなどは全然戦ってないから(指揮官は前に出ないって意見もあるけど、率先垂範であって欲しい)まだひと波乱ありそう。

主戦場は地上本部と機動六課だが、敵味方のキャラの多い事…
その中で局地戦が各所で展開するから、事実確認がメンドクサイ。
大雑把に言うと、戦場で何故かシナリオ通りに孤立したギンガは死亡(壊れたと言うべきか)それを見てスバル暴走して半壊。敵を取り逃がす。
ギンガとスバルは戦闘機人だったってのは、メンテナンスシーンで匂わせていたけども、ここに持ってくるか。
ヴィータとリインのユニゾンはゼストに打破され、自動解除。リイン重傷?
ヴァイスは魔導師引退の理由はトラウマから。ルーティシア見て思い出してトリガー引けずに返り討ち。シャマルもザフィーラもいいとこなしで、ヴィヴィオ攫われる。
フェイトはプロジェクトFの残滓のスカリエッティを追っていた。自らを生じさせた技術故に。
エリオもプロジェクトFのクローン、フェイトが引き取った理由が察せられる。
敗北の絶望の中でキャロは、ヴォルテールを召還。
こんなところだろうか。ティアナが比較的無傷か。

ナンバーズやスカリエッティ側が強すぎるけれど、リミッター制限状態のなのはたちを解除するのには設定上都合の良いシナリオ。
しかし司令部を失った六課はどう反撃するか?
古くなったアースラを廃艦にする伏線張っていたから、臨時司令部にするかな。
「六課の逆襲」でも期待するか。
でもリミッターフル解除で本気になったなのはさん、目には目を、力の応酬になりそうで嫌な予感も。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。