アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4話まで来たけれど、面白くならない。
原作が同人向けの内輪ネタに満ちているから、アニメ化で引き立てるポイントを外して訳がわからない作品になりつつある。

Bパートの実写は一部では好評のようだが、所詮はDVDのオマケでしかありえない企画。本編を作らずにこれに力を入れられても本末転倒。通常の1クール6話分しかアニメを制作していない。
1本の尺が短いのは、4コマ原作の特性を考えると悪くない構成だが、内容が薄いのはいかんともしがたい。

同人誌の印刷代稼ぎになじみが張り切る空回り、それに付きまとうストーカーイケメン星、ジャスティスたち同人関係者。
これだけしか主要キャラがいないから、逆手にとって濃密にキャラの相関と伏線を考えると面白くなるはずなのだが、萌えテンプレートを使っただけのつまらないシナリオ。

電車内でのなじみ羞恥プレイこそなかったが、電車は冒頭の定番。
バイトに行くなじみを尾行する、ジャスティス一行。
同人資料も得られる環境と言うことで、アキバのとらのあな本店に実在するメイド喫茶「「Cafe with Cat」がバイトの舞台。
ネコ耳コスで、なじみの源氏名はルナちゃん。
ツンデレ喫茶と言うよりは、なじみの場合は逆ギレ喫茶。
毎日来店すると言う星も登場するけれど、完全にストーカーだな。

前回も今回も、スポンサーの「とらのあな」の宣伝ネタは、この辺で遠慮願いたい。
原作を大胆に構成しなおして、ソーラが主役だと面白かったかもしれない。
今回の見どころは、体操服のソーラくらいしかないのが残念。これもジャスティス手縫いのコスプレ服になるのか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。