アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この「無垢」ってサブタイには、心ちゃんくらいしか該当者がいなさそうな違和感。
ここから言葉も世界も黒くなって行きそうだから、今回のオドオドした恋愛初心者の言葉を指してのサブタイだとしたらギミックにも程がある。でもこのセンスは嫌いじゃない。

ギャルゲ(エロゲ)フォーマットの作法に従い、誠と世界のエッチ特訓開始。
シナリオも絵コンテもゲーム臭がすると思えば、金澤勝眞コンテ回。Piaキャロやエルフ作品の監督作が多い。今回の制作は Studio Kelmadick のグロス。個人的には幻の「パピヨンローゼ New Season」とかで、微妙に好きなスタジオ。今回はそれほど良い出来でもなかったけど。

学校の屋上で誠にキスから胸まで触られて、悩んだ言葉は世界に電話で相談するが、白馬に乗った王子様を夢見る言葉と、胸さわりで勃起して自室でティッシュの山を築く誠のギャップは海よりも深い。
触られた胸の感触を思い出しながら入浴するシーンは、ゲームならば言葉の自慰イベントだろうか。
そんなタイミングに乗じて、アドバイザーと言うよりダブルスパイ状態の世界も誠の寝取りに参戦。
学校で七海の彼氏話に触発されたりしてもいるのだろう。そんな世界を見守る刹那の眼差しがこの作品の良心だろうか。刹那も参戦するのかなあ。心ちゃんはしないだろうけど、はっきりしない言葉へのさやあてで勃起童貞の毒牙にかからないか、お父さんとしては心配だぞ。

拒まれたら「頑張るって言ったよね」と言葉を追い込みかける誠もなかなかの小悪党。
言葉を切った刀で返すのは、今度は目の前の食いつきやすそうなエサ、ハードルを自ら下げた世界との特訓と言う名のエッチ。
学校の屋上のような人目につきやすい場所が敗因だったとばかりに、公園の木陰やカラオケボックスでデート。結局人気の少なくなった学校の屋上に戻る事になるのだが、世界の手にあるキーを見た時は、てっきり世界の家に誘い込むのかと思った。ヒロインの両親が偶然不在なのはエロゲの定理なんだが。

この先の世界が教える特訓手順は、手を絡ませるように握る・髪を撫でる・キス・優しく抱き寄せ・耳元で囁き・胸、かな・胸元のリボンとボタン外し・「オレ、世界が欲しい」・「特訓だからね」この先はご想像にお任せしますと言ったところ。
帰宅する誠の顔がイマイチスッキリしていなかったので、最後まではしていないと想像。いわゆるB止まりだろう。

特訓から帰宅する誠と、何故か偶然に書店前で出くわす言葉。
勇気を出して誠をデートに誘うが、陰から世界が見てますよ。
何となくだが、世界の自滅パターンっぽい匂いが。策に溺れそうな気がするキャラ、世界って。
今回のフェチ的見どころ
・庭で四つんばいの光、バックから絶対領域とパンツ
・ローアングルから、ベンチに座る世界のニーソと絶対領域(世界って足首のくびれがない気がするけど)
他の作品でもこんなところばかり取り上げてる気がするけど、ご容赦を。

TVアニメ『School Days』OPテーマ/イノセント・ブルーTVアニメ『School Days』オリジナルドラマCDVol.1/ヒ・ミ・ツの花園TVアニメ『School Days』EDテーマ ED主題歌集
TVアニメ『School Days』OPテーマ「イノセント・ブルー」発売中(Amazon)
TVアニメ『School Days』ドラマCD 「ヒ・ミ・ツの花園」 8/8発売予定(Amazon)
TVアニメ『School Days』EDテーマ 「ED主題歌集」 8/22発売予定(Amazon)
<.ANIME>での購入・予約はこちらへ

それにしても、OPとEDのジャケットの二人の違い。明るいエンディングにならなさそうな予感が。

TNKの制作日記で、オープニングで何か見えている事について「とりあえず今は放映できてますが、もしも途中で変更になってたらごめんなさいです」
なかなかのギリギリ感があって良いですけどね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。