アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内容とサブタイの関連付けは、胡蝶三姉妹の戯れ言のように連想ゲームでもあり、変態的でもある。しかし、シリーズの転機として重要な回で、真琴の初潮ネタ(月のもの)を軸に、竜王の力の発露により上津未原に潜む禍々しい力が蠢動を始める。

うなされる真琴の夢と、一人楽しげな桃花の夢がシンクロしている。
体調の悪い真琴の言葉を、全て食べ物の名前に脳内変換で受ける桃花が面白い。
思いもよらぬ出血にトイレで絶叫、不治の病と思い込みベンチに倒れる真琴。真琴アンテナが備わっている章子が保健室前まで愛車で運び込み、保健の美鈴先生により初潮とわかるまでに真琴の体内の竜王がおぼろげな状態から、徐々にはっきりとした形になる。

竜王の力に、反応するものたち。
・調理実習中の桃花の中のセイが覚醒し教室を吹き飛ばす(桃花のバックからのはいてないっぽいカットは良い
・白川明日菜に誘い出されて告られる寸前の桃香、体内の石剣が反応。自分自身が剣である事をこのときに自覚したか。不幸キャラの明日菜は目撃したショックで逃走。この後のトラウマか。
・港町の屋根上で寝ていた猫が反応。変身していた香陽が元の姿に。長年この時を猫の姿で待っていたと言うことか。その後、海岸で下着を盗み上津未原へ。
・セイの復活に、由美子の中のジュナが反応「セイがいる、奴は何処?」
・これに寧々が「ひょっとしてマコちゃんの竜王が発現した?」と言っているのは、香陽と同じくこの時を待っていた。

真琴が子供から「女」になることをトリガーに発現した竜王の力は、代々受け継がれていたものなのか仕掛けられたものか、真相を知っていそうな鬼梗様の出番がない。
一緒に下校する真琴からの問い「桃先輩はいつでしたか?」に対し、桃花の記憶がないのは作られた存在で過去を持たないからなのだろう。
桔梗三姉妹は人ではないから「ない」と言っているし、章子の「女だったら当たり前」発言も、人外が集うこの上津未原の地では意味をなさないかもしれない。

通常のシリーズ構成のように、結末に向かい伏線が整理されつつ収束するパターンではなく、まず結果があって過去に伏線が拡散する構成だから、そろそろ1話1話の印象が薄くなりつつある。
最初は強烈なインパクトだったが、このまま単調に進み物語の始まりを見て終わる事になりかねない。何らかの仕掛けを期待したい。

桃華月憚【豪華版】
桃華月憚【豪華版】 (Amazon) リンク先に年齢確認あり

修正パッチのリリースも落ち着いたようだから、これからゲームを始めてみるのも良いかもしれない。明日菜姫の追加エピソードもリリースされた。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。