アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やはり魔法少女には、競い合うライバルキャラが必要だってことを痛感した。
単に敵同士として戦うのではなく、競争の結果として誰かの「お役立ち」になる古典的展開がしっくり来る。
3話まではまったり進んできたけれども、悪く言えば退屈な展開。
奥手で引っ込み思案なすもも、もう少し厳しくすももを励ますのかと思っていたら、魔法少女になってことを不思議がりもしないで付き添う撫子。石蕗も暗いキャラ設定だから話が弾まなかった。
でもアスパラさんことノナちゃんの転入と、すももへの挑戦でようやく動き始めた。

そのノナちゃんもプリマ・アスパラスとして、フィグラーレの魔法学園対抗の相手としてプリマ・プラム=すももと「星のしずく」集めを争うのだが、すももの潜在能力に気付いて、ライバルの成長を促す役目に。
こういう硬軟使い分けのキャラに松岡由貴は良く合っているのだが、ノナちゃんもデレる時が来るのだろうか。
確かにプールサイドで足を滑らせ、石蕗にキャッチされてフラグが立ったようだが、この先のすもも、撫子を巻き込んだ泥沼が楽しみである(そんなシナリオ書くはずないか)
すももも、格好良く泳ぐ石蕗に上気した顔をして、ゲームならばお持ち帰りOK状態。

プール・水着回でもあるのだが、露骨には訴求してこない。
水とプールは、すももの水が苦手な事とプールに落ちた星のしずくを拾うために、アスパラさんが呪文を指導してくれた道具立てとして使われる。
決して水着メインではない。

止め絵とエフェクト多用で動きは少ない。すももとアスパラさんのガチバトルでグルグル動く絵を見たいような見たくないような。
SDキャラも程ほどに使用して絵の作りもゲームフォーマットに近い印象があったが、絵コンテは名和宗則で、何となく納得。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。