アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新キャラ、不知火明乃の登場回。これでキャラは出揃ったことだろう。
エンディングで回る皿も、キャラで埋まった模様。
キャストは渡辺明乃ではないかと密かに考えた時期もあったが、喜多村英梨だった。
声優プロとしては新興のカレイドスコープがプッシュ中で、今年の出演本数は多い。
低いレンジのキャラ声が多いけれど、幅広くこなすと思う。

転校早々から片時もメモ帳を手放さずにクラスの「魚人」たちをチェックする明乃は、「人魚試験」の役目を持つ。人前で迂闊に人魚の秘密を漏らしたり、バレたりしては失格らしい。
この明乃の任務は豪三郎も(渋々だろう)公認、巻は家に蟄居というか生けるフィギュア状態でパッケージ化。商品化予定は?キャストオフ巻き貝付きでお願いします。

失格者は1週間の猶予後に海に強制送還らしいが、三河は次週から出番なしに?
オクトパス中島やシャーク藤代も際どいところ。
エラ呼吸三兄弟は2度までも明乃に見つかっているから、退場か?

Aパートは明乃のキャラ紹介と、クラスメイトたちの反応を手際よくまとめてきた。
それにしてもキャラの多さ、収録時のマイク位置が大変そう。
岸監督・飯田音響監督の作品のアフレコをぜひ見たいと思うのだが、表情も歪むほどのキャストの熱演と怪演で、DVDの特典映像とかイベントの生アフレコなども事務所からダメが出るだろうから惜しいところだ。

試験に失格して瀬戸内へ送還される心配から、動揺する燦がBパートのメイン。
午前の授業は燦は気もそぞろ。
永澄のフォローもあって、いつもの調子に戻る=普段はドジッ子のパターンで花瓶の水を足にかける。

ここでの明乃の行動に少しばかり唐突感があるのだが、永澄に燦の足を拭くように指示し、自らはクラスメイトをみねうちと目潰しで倒し教室を封鎖する。
のんきに「足、元に戻った」と出てきた燦に「あれほど気をつけろと言ったのに」と、明乃が斬りかかるシーンと合わせて、試験官の立場ながら燦に何らかの思い入れがあるのか、それとも単に迂闊な人魚に怒っただけなのか。
真剣引っ提げた燦との立ち会いシーンに繋いでいるけど、これを見せたかっただけかなあ。
登場初回の明乃のキャラ背景まで察せられないため、演出意図がわかりにくかった。
序盤から中盤はクラスメイト他のサブキャラも良く動いたが、終盤で燦と明乃が一対一で対峙したとたん、シナリオが手詰まりになった感じ。

凛とした女性剣士の風情の明乃だが、これから環境に染まって変化するのか楽しみではある。
キャラとしても男子視点、特にサルやエロ澄視点では動かしやすいかもしれない。
えっ?動かしやすいってのは明乃の胸の事でないです、断じて!

瀬戸の花嫁 第1巻(初回限定生産盤)瀬戸の花嫁 第1巻(初回限定生産盤) 7/25発売(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。