アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アバンの夜の港町を警官に追われる犯人っぽいのは、自称帰国子女(どう見ても不法入国者)のマリア・太郎のようだ。
金髪帰国子女の木村カエレ(楓)も加わって、女子生徒のキャラ立てが本格化してきた感じ。
男子キャラはゴミのような存在感だが、女子全員のトレーディングカードでも出すつもりか?

どうしてもスタチャ&新房&シャフトのユニゾンは違和感があって、厳しい評価になる。
原作コミックは知らないが、超悲観的な先生と超ポジティブな可符香、それを取り巻く生徒たちの間で時流ネタやパロをキャッチボールしてギャップを楽しむマンガなのだろう。
アニメでは新房流に多用される黒板ネタで、フレームの中でザッピング風に楽しむ方法もあるのだろうが、視点と思考が本線から逸れる要因でもあるから評価できない。
内容からして感情移入できる主人公ではないので、視聴者は第三者的に見るしかないのだが、その立ち位置で楽しめるかが評価の分かれ道なのだろう。

放送局と時間枠からして自主規制もゆるめで、パンチラ。パンモロはOKみたい。
しかしキャラの絵柄の影響か、智恵先生にしても木村カエレの苺パンツにしても可愛くない。
エンディングでターンテーブルが逆回転(左回転)になっているのが気になるが、演出かそれともレコードプレーヤーを知らない動画が描いたか、不明だ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。