アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公開陳述会の前夜から当日を描く前編。
ヴィヴィオの見送りシーンから、今後についてなのはの想いまで尺が長いのは、この先にヴィヴィオを待っている事件の前振りだろう。
フェイトにとっての二人の母、テスタロッサとハラウォンのエピソード噛ませて、ヴィヴィオの繋がりを補足している。
しかし家族とか人の繋がりと想いを描くには、ナカジマ家の件やエリオ、キャロたちのエピソードを食い散らかして収拾のメドも立たないが、これで良いのか?
一応は伏線回収したもののティアナのエピソードは、あれで終わりとは半端だが、今回は更に数年前までは魔導師だというヴァイスとフラグ立てして、この先どうなる事か。
ぶちまけた伏線を矛盾なく回収できたらお見事。

予言によって公開陳述会を襲われる事を想定しての警備だが、スカリエッティの周到な準備の前には無力。ヒゲの中将が目的のようだが、真意はわからない。
ナンバーズも培養の成果か数が増えているような気がする。
奇襲の結果、会場に閉じ込められたなのはたち(しかもご丁寧にディバイスは持ち込めない設定になっている)は防戦一方だから、息苦しい。
外から駆けつける新人たちもナンバーズに遮られて、捕虜に?

バトルシーンはあっても、構成上戦う大義を明らかにしていないのだから、爽快感なし。
戦いの苦悩の末のカタルシスは望めない。
予想外にヴィータとリインのユニゾン変身があったけど、変身バンクが冴えない。
どちらもチビッコだから、それなりの見せ方はあるはずなのに。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。