アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第1話と同じ石神井公園駅横の踏み切りから。
電車内にはジャスティスとなじみ。
なじみに対する羞恥プレイは無かったものの、今回はジャスティスの勘違いオチ。
まあ、同人誌で儲けようと意気込むなじみ自身が羞恥の存在なのだが。

なじみ苦心の同人誌制作を露理が弄るものだから、産みの苦しみ・産んだの?・相手は?・客?・援交?でジャスティスの勘違い。
同人誌のネタを訊いたジャスティスの答え「愛」を信じた結果が「ラブタイフーン」でペンネームは「ビューティラヴ」
30部だけ刷って即売会へ。そこに存在する自体、なじみの羞恥プレイ。
確か星と言ったか、エロゲ拾ってくれた彼がお買い上げ。
余裕で完売済みのジャスティスが「認知はするんだろうな!」と勘違いの脅しでオチ。

なじみの羞恥プレイは良いけど、自分で動きすぎ語りすぎなのでせわしない。
そのわりに話にキレが無い。
もっと露理とジャスティス、ソーラを動かして、彼らの側面・視点からなじみを描かないとならないのではないだろうか。
大して苦労したように見えずに、初めての同人誌が出来上がるのも、お手軽すぎて嫌な感じ。
あっ、同人誌制作の苦労は実写のBパートに任せると言うことか。

ソーラが動いて喋ってくれれば良しとするか。
次回はメイドもの?予告イラストは「これが私のご主人様」の椿あす。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。