アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
永澄たちのダブルデートに並行して、委員長のお当番回。
委員長、名前は無いみたいですね。典型的な委員長キャラで大人しくてメガネっ娘、そして素顔は美人で巨乳と非の打ち所無し。

三河が燦へのデートの申し込みから始まって、結局は永澄と燦、三河と巡のダブルデートに。
当日の公園でのデートは、下僕を従えてルナ、三河の付き添いでサルと、騒動の予感。
夢で見た王子様が永澄だった委員長は、当日は恋愛マニュアル本を見ながら悶々とするものの、一人で散歩に。

委員長のキャラ設定のみならず、シチュエーションは古典的。ある意味記号化された、アニメ・ゲーム用プラグインだが、嫌な感じがしないのは脚本の視点が優しく感じられるせいか、コンテがハッタリかまさずに素直だからか。
飲み物を買いに使い走りの永澄と委員長の衝突、「メガネ、メガネ…」の委員長、美人の委員長、素顔に気づかない永澄など、予想が付く分意外性の笑いは無いものの、安心感はある。

メガネを弁償することになる永澄と委員長の、思いがけない擬似デートは、お互いが本人と認識していないからこその面白さがある。
但し、この二人だけの関係で一話を構成するのは退屈だから、残ったルナxサル、三河x巡のダブルデートの展開が話を膨らませてくれる。ルナ様の外道ぶりは相変わらず、ボート上での巡の妄想は笑えた。
巡の出番が意外と多い。森永理科はフリーになったみたいだけど、良い演技しているし、今が伸び盛りの感じ。
瀬戸組一同も河川敷で野球の試合などやって、永澄に絡んでくれる。

次回はまた新キャラ追加のようだから、今回は委員長をフィーチャーしつつ貴重な中休み回。
結局、委員長の名前は明かされない(決まってない?)
脚本は柿原優子、絵コンテは浅井義之、演出は岩田義彦と安定したコンビ。
強烈なシナリオと演出でウケを取りにいく話数もあるだろうが、テレビシリーズでは中休み回も大事。
それをキチンと仕上げてくるから、全体が良い評価につながっていると思う。

瀬戸の花嫁 第1巻(初回限定生産盤)瀬戸の花嫁 第1巻(初回限定生産盤) 7/25発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。