アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
機動六課を巡る地上本部との軋轢や、レリックに絡むスカリエッティたちの事件はそれなりに進行している。
しかしキャラ設定を描くのに延々と尺を費やし、キャラ相関の説明(これもまだ充分ではない)と訓練に終わる脚本に飽きが来る。これに耐えた先に解決と大団円を見る、開放感を狙ったシリーズ構成なのだろうか。
大きいお姉さんキャラが多いから、キャラ萌えの範囲も限定的。
キャラ作画も悪いから、これ以上は望めない。今回はカットによって、レベルがまちまち。
アップでは良いことも多いが、引きに回ると別人かと思うくらい手を抜く。手を抜くと言うのは正確でなくて、レベルが低い、作監修正が間に合わない感じ。
キャストが演技で頑張っているのが救い。

ギンガが六課に移動してきたが、ナカジマ家に起きた過去の事件が、これからのシナリオに重大な鍵を握るはず。もしそうでなかったら、中盤に来ていわくありげなキャラ増やして期待させる制作の無能さに泣く…
ギンガ・スバルと二人で行う定期健診ってのも、何か意味があるのだろう。

新しいエンディングには小さななのはを登場させたが、制作側の変な未練さを感じられる。
くそ真面目にシリーズ構成しないで、夢オチネタでかまわないから、小さななのは・フェイトの活躍回でも入れると心休まるのだけれど。その際はすずかちゃんとアリサちゃんも忘れずに。
私の未練は「もえたん」で振替消化します…
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。