アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初デートでの言葉の魅力を見せたりするよりも、主人公の誠の自己中でヘタレな本領発揮の回。主人公でありながら、誠のキャラ立ちのお当番回みたい。
世界は自分の思惑を持ちつつのお節介、そんな世界と誠を見つめる刹那の視点が交錯しあって、誠のダメダメ感を増幅している。

世界からのキスに舞い上がったわけでもないだろうが、恋愛マニュアル本を片手に初デートの言葉にも一気にキスまで攻略できると信じきっている誠のお目出たさを我々は笑えない。
マニュアル世代・ポパイ世代なんて昔の事かと思っていたが、童貞高校生の類型として、それっぽく描けている。

見かけによらずホラー映画を見たい素振りの言葉に気付かず、ラブストーリーを選んだ誠だが、この映画(劇中映画)も誠の行く末を暗示しているみたい。
初キス迫ってビンタ食らう誠、映画のチケットくれたのが世界だと口を滑らす誠、ダメさが痛々しい。
言葉は小学校の頃から胸が大きい事をからかわれ、男子が苦手(確かに入浴時のサービスカットは、後ろから見ても横にはみ出て見えるほど大きい)
言葉のコンプレックスと誠の自己中がすれ違って、ぎこちなさを演出している。

ぎこちないデートの翌日、誠を励ましアドバイスするのは世界。
ちょっと元気になった誠、言葉に駅のホームで待つと先に下校。
気重に駅に行かずバスで帰ろうとする言葉にアドバイスするのも世界。
言葉「本当は西園寺さん、伊藤君のこと…」女のカン以前に、誠の事に詳しい世界が普通の気持ちでいるはずがないってことでしょう。

駅のホームに駆けつけた言葉「もっと伊藤君のことわかるように、頑張ります!」
ようやく、ここから恋が始まった。
言葉から誠へ、つま先立ちのキス。それをホームの外から見つめる世界の影。
手の内は見せまいとする世界、知らないがゆえに隠すものの無い言葉、俯瞰ポジションから刹那も参入するか、誠と言葉の幸せは一時のもの?

今回からオープニングアニメーションがついた。
エロさ多目。胸満開で突起が見えるのは気のせいだと思っておこう。

絵コンテに、こでらかつゆき。
演出は第1話に比べると、かなり物足りなさを感じる。
スタジオファンタジアのグロス制作回。
ヘタレ主人公のもう一方の雄、鳴海孝之の「君が望む永遠」アニメ版の制作もファンタジアだった。


School Days 第1巻 初回限定版 DVD 9/26発売予定(Sofmap)
School Days 第1巻 初回限定版 DVD 9/26発売予定(Amazon)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。