アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
物語の舞台では食欲の秋(by 桃花)らしいが、現行の締切を明日に控えた由美子の「タイムループ」のお話。
今回も由美子の作品の中でキャラが踊らされているが、この時点で由美子に潜むジュナの力を認識しているのは、鬼梗と寧々くらいだろうか。
真琴だけは2日続けて繰り返す、同じ出来事に違和感を感じているし、演ずる笛の音にも心の乱れが現れている。これに気付いたのは鬼梗と胡蝶三姉妹だけみたい。

アニメのオリジナルキャラか、黒沼塔子が登場。登校時に真琴と絡むし、真琴がラブレターだと勘違いするわけがわからない「たんたんたぬき…」と脅迫状風に活字貼り合わせた手紙渡すが、塔子の設定は良くわからない。巨乳と言うことは見てわかるが。

放送日にあわせたわけではないだろうが、由美子の原稿締切は10日(BS朝日の放送日は7/10 01:30-)「10日だから、とうかちゃん」などと、この人は無邪気。
原稿書きあがっていないのに「お鍋食べたい」と寧々におねだりするが、原稿は放棄して暦はめくらずにハートなんか書いて…

それで次の朝は、また前日と同じ繰り返し。
カット数はかなりセーブできただろう。
それでも細々と違いがあるものの、演出の領域を越えてネタか手抜きか。
由美子の原稿も完成し、暦をめくってようやく11日に進む。
もう、由美子の作オチネタはマンネリで、勘弁して欲しい。

グロスのデジタルネットワークアニメーションって何処?
昔のラディクス妖逆門スタジオとイコールというか、撮影部門?
魔法少女リリカルなのはStrikerSの撮影も請けているが、制作体制拡充するのだろうか。
しかし、久しぶりにキャラが崩れた作画でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。