アニメとゲームのレビューBlog
お知らせ
2007/10/27
過去記事も含め、新サイトに移転しています。
http://blog.crosschannel.jp/
今後とも新サイトをよろしくお願い致します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まったりと静かに抑え気味の脚本と演出。
比較しても仕方ないが、もうひとつの魔法少女アニメ「もえたん」が始まったが、それよりは大人しい。あちらがオタク的記号を散りばめているのに対し、エロゲ出自の本作がレトロな魔法少女アニメに見えるのは皮肉か。

昼間は石蕗、夜はユキちゃん視点で話が進むが、今回はすももの親友ナノちゃん(撫子)のフィーチャー回。大きな事件が起きるでもなく、星のしずくを集めているところを撫子に目撃されてしまい、撫子の記憶を消去しなくてはならない、すももの葛藤。
それを軸にすももと撫子の幼い頃からの付き合い、主にすももを守護する撫子との回想シーンが中心。

色々と設定も出揃ってきて、海外にいる母がすももに送ってくれた服、どうみても魔法服。
新月の夜は人間のままでいられるとか、相変わらず怪しい先生とか伏線を張りつつある。
信じあう者同士であれば、触れながら呪文を唱えると記憶を消去しなくてもOKというのは、ご都合的だが、少女マンガ(じゃないけど)には良くある話。
悪くないんだが、刺激が足りず眠くなる。
単純にナコちゃんのキャラ立ちだけで切り取ったシナリオだから、話のふくらみが無くて淋しく感じるのだと思う。
せっかくの学園モノだから、昼間はもう少し同級生キャラが賑やかに絡む構成で見たいところ。
その反対に夜はすももとユキちゃん、そしてライバルキャラをじっくりと描けば良いと思うのだが。

今回は早々にグロスで下井草(少し遠いけど)のスタジオエルの制作。駅の南口のスタジオも統合移転したようですね。ウミショーのグロスも請けている様で、体制を拡充中みたい。
今回の作画はいい感じじゃないかな。
絵コンテは宮崎なぎさが切ってた。この間の「ひとひら」でも二ノ宮名義でコンテ切ってたし、それなりに活躍中。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。